アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ゲーム」のブログ記事

みんなの「ゲーム」ブログ

タイトル 日 時
魔法使いと黒猫のウィズが何気に面白い
 元々クイズ好きで始めたこのゲーム、最近別の楽しみに気づきました。これのイベントが実に面白い。  皆さんは漫画なんかを見ていて、力があったら漫画の中に入ってぜひ主人公を助けたいとか思ったことはないでしょうか? 私はよく思って、勝手に自分が入っていくストーリーを妄想したりします。  さて、このゲームのイベントって、だいたいがメインのストーリーと違う異界が舞台となります。そこでは独自のストーリーがあって、それこそ一本の作品になるようなものです。そこに主人公、つまり自分が入って行っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/20 00:02
トンデモ本の世界X&トンデモ本の大世界について(続)
 やっぱり続きます。  で、石原慎太郎氏の「スパルタ教育」への突っ込みに対するさらなる突っ込みです。  まず全体として、「スパルタ教育」の内容は、最近石原氏が行った東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正のことを考えれば、そのギャップに笑うことができます。純粋にその路線でお笑いとしてやれば面白い文章になったかも知れませんが、山本氏はこのギャップを現在の石原氏への批判に使おうとしているようです。しかし、それはまったくの的外れと言わざるを得ません。なぜなら、この本の発行は196... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/28 00:22
トンデモ本の世界X&トンデモ本の大世界について
 上記2冊の本が出ておりました。正直、私にはすでに、トンデモ本の世界自体がトンデモ本以外の何ものでもなくなっていますが、今回もやはりそうでした。全部突っ込みきれるかわかりませんが、突っ込んで見ましょう。たぶん、続・続続とか続きそうです。  Xのほうからいきましょうか。  まぁ、最初から飛ばしてくれています。山本会長。最初に紹介されるのが1969年発行の石原慎太郎氏の「スパルタ教育」という本です。  まず、前置きとして石原氏の「天罰発言」とりあげられていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/11 00:46
テレビゲームの過去と未来(未来編)
 ようやく続きを書く意欲が湧いてきました。  前回の最後に、昔のゲームの理想像が今実現していると書きました。現実と見紛うばかりの3D表示(スプライト機能の利用、ワイヤーフレーム、お豆腐ポリゴンなど、昔は3Dにするためにいろいろな技術が使われていました。)、実際の音を再現できる音源(BEEP音源、PSG音源が懐かしいですね。)、扱えるデータ量など、素晴らしいものです。  ところが、理想像が実現したはずのゲームも、実は理想像自体が間違っていたのかも知れません。ゲームの面白さの本質は、映像表現でも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/02 22:20
テレビゲームの歴史と未来(過去編)
 私などの世代は、テレビゲームの歴史を始まりから見続けていると言えると思います。テーブルテニスからの話ですが。その後ブロック崩しを経て、インベーダーゲームで社会現象にまでなりました。まずは思い出語りから始めましょう。  実はその当時インベーダーゲームはやっていなかったんです。そもそも田舎にはこない(苦笑)。ただ、当時は著作権もおおらかだったせいで、違うキャラクターのインベーダーもどきを駄菓子屋の10円ゲームでやっていました。コロコロコミックで連載されていた「ゲームセンターあらし(すがやみつる著... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/24 22:00
イース・オリジン
 たった今イース・オリジンをすべてのキャラでクリアしました。かつてイースI・IIにはまった人たちにあえて命令形3段連続攻撃使います。「買え!やれ!泣け!」  以下、一応気をつけるけどネタバレ思わず出るかもしれないので注意。  いや〜。イース2のラストシーンはマジ泣きしたけれど、それを踏まえてイース・オリジンはさらにぼろぼろでした(注釈。私は1・2はPC-8801版をやりました。かなり歳がばれますが・・・。)。く〜。レア様にこんな過去があったとは・・・。正直、1・2ではいまいち印象が薄かったレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/28 03:00

トップへ | みんなの「ゲーム」ブログ

M.FUKUSHIMAの単刀直入 ゲームのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる