アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「動物」のブログ記事

みんなの「動物」ブログ

タイトル 日 時
盲導犬は虐待なのか?
 盲導犬が刺された事件で、刺された犬が吠えなかった事実をもとに、一部のマスコミが盲導犬は鳴かないように訓練されていると報道したことから、盲導犬は動物虐待だという意見が上がってるとか。  私は昔から盲導犬は動物虐待だと思ってきました。しかし、今「盲導犬は動物虐待」などと言っている人は、それがどういうとだかまるで分っていないのでしょうね。  結局のところ動物は動物。人間に付き合う義理などまったくありません。それを無理やり人間の都合のいいようなライフスタイルに押し込めたら、それは虐... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 00:24
大人への階段を登ったのかな?
 突然ですが、うちには猫が4匹おります。そのうち2匹は兄弟なのですが、もともとはうちに居ついた野良猫の産んだ猫です。まだ乳離れできないうちに母親が交通事故で死んでしまい、やむなくうちでミルクを与えて育てました。  ところが、この猫たちは他の2匹とは少し違っていました。  あ、ひとつ説明不足でしたが、他の2匹もうちに居ついた野良猫の産んだ猫ですが、成長してからうちに入れました。2匹と血縁はあるかも知れませんが(けっこう何匹もいたので関係をよく覚えていないW)、兄弟というわけでは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/26 00:49
地震について
 いつもやっているネットゲーム、ファイナルファンタジー11が、東京電力の節電の呼びかけに答えてサーバを停止してしまったので、暇になったからちょっとブログを更新したいと思います。スクウェアエニックスのこの行動はまったくもって頭が下がる決断なのですが、ユーザーとしては、一応ユーザーに予告時間を設けてから実行して欲しかったと思います。まぁ、単なる我が儘なんですが(w)。  それではまず、私自身の体験から。地震があったのは丁度仕事中でした。とにかく物凄い揺れを感じたのですが、すぐ終わるだろうと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/13 23:51
ザ・コープを見てきました
 近所で公開したので予告どおり見てきました。  まずは映画を撮影している側の出演者の方々、いやはや爆笑ものでした。彼らについては一言で表現できると思います。要するに「正義の味方ごっこをしている子ども」ですね。映画の中では太地町にさも陰謀があるかのように盛り上げ、それに立ち向かっていく自分たちに陶酔しています。太地町はどう見ても普通の町に過ぎないというのに、彼らは自分たちの作り上げた世界のなかにいるようですね。正に「ごっこ遊び」です。彼らに対してはこれで十分でしょう。いい年をした子どもに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/05 23:53
猫の餌やり
 将棋の元名人、加藤一二三氏に対して、野良猫に餌をやったということで近隣住民から訴えられた訴訟で、敗訴となりました。  個人的には、野良猫に餌をやるのは反対です。なぜなら、私は野良猫を立派な野生動物と考えていますから、心からの敬意を払っています。野生である以上、餌は自分で調達すべきもので、人間が餌をやるなどむしろおこがましい行為だと思います。現実の中では、家族に多数決で負けていますが・・・^^;。そういう意味では、加藤元名人と反対の立場です。しかし、今回の訴訟の内容では、加藤氏にむしろ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/16 20:54
物事は、単純に捉えないほうがいいのではないでしょうか?
 今話題は秋葉の通り魔事件ですね。私も5月30日にのこのことあの通りを歩いてきたばかりなので、決して人事ではないのですが、今回の事件で日本の治安が悪化したと見るのは早計でしょう。特異な事件が起き、大々的に報道されるとそれがすべてであるように思われがちですが、やはり治安のいい悪いは統計で判断すべきでしょう。  私はこういう事件が起きるたび、「人を見たら泥棒と思え」的に社会が過剰な警戒感を持つことがいいことだとは思えません。  他人に対する警戒は、他人に対する不寛容と不干渉を生み、結果として今回... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/11 01:01
上野を歩いて考えたこと・・・
 今日は国立西洋美術館と国立科学博物館の企画展を見に、のこのこ上野へ出かけました。  公園口から出て真っ先に目にとまったのは、北京オリンピック反対の署名活動でした。まぁ、私も中国政府をそんなに良く思っているわけではないですが、こういう行動には疑問を感じます。もちろん、聖火リレーへの妨害に対しても、大いに批判的です。オリンピックは平和の祭典と言われますが、なぜそう言われるようになったかというと、そもそもオリンピックの生まれた古代ギリシアでは、たとえポリス(都市国家間)で戦争をしていたとしても、オ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/14 00:16
光母子殺人事件の差し戻し審と中国の動物園
 このネタ、実は書こうかどうか迷いました。気持ちとしてはとても書きたかったのですが、ちょっと書くのをはばかれるような事情がありました。ぶっちゃけ、被害者の夫であり父親である本村氏が嫌いです。なぜ嫌いかといえば、事件が起こった直後あたりで、「私は人の尊厳が分かりません」(ちょっと記憶で書いています。そんなニュアンスの発言でした。もし間違っていたら指摘してください。)という発言がありました。はっきり言って私の逆鱗に触れました。そんな人間が犯人を非難する資格はない。むしろ犯人と同類だろうと。  それ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 9

2007/05/25 22:34
安倍首相の国旗・国歌についての答弁、崖っぷち犬、夕張市
 安倍首相の国旗・国歌についての発言に呆れました。日本はこんな方向に進んでしまうのでしょうか? よく、国旗・国歌に反対する意見があるのは日本だけだと言われますが、まさにそのとおり。日本は国旗・国歌に反発をするような独自の歴史を経験をしてきたのです。他国と違う経験をしたことは良かれ悪しかれ日本の独自性でしょう。日本を誇ろうと主張する人が、日本の独自性を否定するのでは話しになりません。戦前、戦中、戦後という教師の立場を考えれば、戦後の教師の国旗・国歌に対する考え方が否定的になるのは無理のない態度だと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/11/23 20:54
ムツゴロウ動物王国の経営危機について
 まだちゃんとニュースを見てないのですが。サマーランドのムツゴロウ王国に問題があるようですね。出来たときから、少し心配していたのです。広島の例といい、動物関係のテーマパークは難しいです。もともとムツゴロウさん個人のキャラクターに影響されていた面がかなりありますし。現代の日本では、むしろムツゴロウさん自身が受け入れられないのかも知れません。  個人的な推測と断っておきますが、むしろムツゴロウさんは坂東氏の考えをある程度容認すると思います。また、ムツゴロウの動物王国として放送した最後の方の回では、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2006/10/16 21:58
坂東氏問題のけっこう本気のまとめ
 今日はタカビーに責めますので、それを不快に思う方は以降を読まないでください。ただ、私はその人の存在を残念に思います。  坂東氏問題は私の中で終わった感があります。今でも坂東氏がエッセイを書いたことは支持しています。しかし、結果として本来坂東氏のメッセージを受け取るべき人に、反発しか招かなかったことを考えると、坂東氏の行為は失敗したと思います。一般に擁護派に分類される人は、むしろ坂東氏に指摘されなくても、命に関して十分な認識を持っている人すから。  坂東氏が失敗した原因については、私は坂東氏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/11 20:54
読解力について
 最近学力テストなどで読解力の低下が叫ばれていますが、私は読解力の低下が子供だけのものだとは思えません。  例として、最近また反響があったので坂東さんの猫殺しのエッセイを出します。坂東真沙子氏の猫殺しが理解できないという意見については、なぜ理解できない人がいるのかのほうが私にはわかりません。少なくとも彼女が子殺しをする理由は明白に書かれているとしか思えません。 1坂東氏は去勢を罪悪と思っていること 2子猫を飼い続けることができない。 3そのまま捨てることは責任を放棄することで他人に迷惑を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/29 01:25
坂東真沙子氏の猫殺しのまとめのようなもの
 結局、坂東氏の考え方を受け入れられるかどうかの差って、ペットをあくまでも人間の社会の一部と考えるかどうかに尽きるのではないかと思います。私にはそうとう違和感があった坂東氏への批判のひとつは、猫が人間に飼われてきた歴史から、猫は人間に依存している存在だという意見でした。古代エジプトではすでに猫が飼われていて、ペットとしての猫の歴史は確かに永い。その中で、猫も人間に飼われることに適応してきたことは確かでしょう。ただ、進化は常に、それで終わりというわけではありません。一度陸地に上がった鯨が再び海に戻... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 56

2006/09/04 21:10
続坂東眞砂子さんの子猫殺しについて
 まずですが、今週の週刊ポストはこの問題を考えるに当たっては必見です。ぜひご覧ください。  ここに書かれている、坂東氏非難の意見について、少し反論するところから始めます。立松和平氏の「命をとるよりは避妊手術のほうがましだと思う。自分の論理を押し付けるなら、猫を飼わなければよいのです」という意見ですが、結局、「命をとるよりは避妊手術の方がまし」という意見自体立松氏の論理に他ならないと思うのですが。私も猫を飼わないほうがいいとは以前に書きましたが、避妊手術の方がましという意見があくまでも自分の論理... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2006/08/28 22:15
坂東眞砂子さんの子猫殺しについて
 坂東眞砂子さんが日経新聞のコラムの中で自分の飼い猫の生んだ子供を殺していると告白したことで、非難が殺到しているそうです。  私は少なくとも、安易に非難している人に組しません。少なくとも、責任と覚悟を持って自ら子猫を殺しているとしたら、無責任に猫を捨てている人よりはるかにましです。私は現実に、おそらくこんな捨て方では生きていけないことが明白な捨て方をされた猫も見たことがあります。事実上、それらも紛れもなく猫殺しです。ただし、捨てた人間に殺したという認識すらない可能性があることを考えると、坂東さ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 44

2006/08/25 00:46

トップへ | みんなの「動物」ブログ

M.FUKUSHIMAの単刀直入 動物のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる