アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歴史」のブログ記事

みんなの「歴史」ブログ

タイトル 日 時
今度はちょっと本気で朝日新聞を擁護します。
 正直なところだんだん腹が立ってきたな。どうして基本的なことも理解できていない人間が、上から目線で他人をバッシングしてるのかなと。  朝日新聞についてですが、まず、池上氏のコラム掲載を拒否したことは愚かな選択だったと思います。ただ、そのことについては一部で言われているように、言論の封殺などではまったくありません。池上氏がどんなコラムを書こうが池上氏の自由ですが、それを最終的に掲載するか否かは朝日新聞の自由です。両者の自由は対等であり、池上氏がその決定に不満ならば、別の場所で自身の言論を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/21 10:40
あえて朝日新聞を擁護します(笑)。
 世間では朝日新聞バッシングが吹き荒れていますが、そんなに朝日新聞は悪かったんですかね?  こう書くとすぐに「朝日新聞に洗脳されている」とか安易なラベリングに走るおバカさんがいると思いますので、毎度のことながら予め断っておきますが、私は朝日新聞などまったく読んだことがありません。我が家で恒常的にとっているのは読売新聞ですし、なんかの機会に一度や2度読んだことはあるのかもしれませんが、意識して読んだことはないですし、覚えてもいません。読売新聞を読み続けている割には、その内容を批判すること... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/31 11:09
終戦のエンペラーを見てきました
 終戦のエンペラーを見てきました。もうだいぶ前になってしまいましたが、中公新書の「昭和天皇(古川隆久著)」を読んで昭和天皇に対する見方が変わったので、今回どう昭和天皇が描かれているか、興味を魅かれたので行ってみました。本の方も感想をブログに載せようと鋭意奮闘中なのですが、なかなか難しく、完成に至っていません。そこでとりあえずこの映画の感想をば、ということで記事にしてみました。  基本的に映画は、主人公のフェラーズ准将が、昭和天皇がどう先の戦争開始に関わっていたかを探っていくことと、准将... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/19 01:07
核の密約をめぐる文書が公開されました
 最近沖縄返還交渉時の密約について、証言や証拠がいろいろ出てきていますね。いろいろな歴史的な情報が出てくるのは、日本にとってもいいことだと思います。時代は変わってきていますから、当時のことについて客観的な評価ができることでしょう。ところが証拠や証言自体がないと、評価どころか事実の特定しかままなりませんから。とは言っても、世の中には明白な証拠が示されても、自分の意見に合わないと屁理屈をこねて認めないかたがいらっしゃいます。そういう人を前にするとげんなりしますが、それでも事実を指し示す証拠をひとつひ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/24 00:39

トップへ | みんなの「歴史」ブログ

M.FUKUSHIMAの単刀直入 歴史のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる