アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「独り言」のブログ記事

みんなの「独り言」ブログ

タイトル 日 時
イスラム国人質事件いろいろ
 最近、いろいろ忙しくてなかなかブログの更新もできません。すでに時期を逸しているかもしれませんが、イスラム国の人質事件について書いておきたいと思います。  未だに自己責任論を振りかざす人がいるんですねー。いい加減、それがバカなことだと気づいて欲しいものです。イラクの人質事件の時に書いた記事と似たような内容になるかと思いますが、もう一度書いておきます。危険なところにいくのは自己責任だということ自体は、私も否定はしません。ただね、それを自己責任と言うのならば、現実に人質事件が起こってしまっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/09 00:57
朝日新聞バッシングする奴はどいつもこいつも阿呆である。
 タイトルの傾向を変えました。ほんと、朝日新聞を擁護するというより、バッシングしている側のアホさ加減にうんざりしてきました。  また例のごとくお断りをしておきますと、今回も朝日新聞自体は読んでおりません。読売新聞のフィルターを通して朝日新聞社の第3者機関の見解を評価してみます。  まずはどうしても突っ込んでおきたいことは読売新聞の11月13日付の社説です。特にある一文です。「吉田調書を素直に読めば、所員は、命令違反も、現場放棄の撤退もしていないことは明らかだ。」とのこと。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/15 02:50
今度はちょっと本気で朝日新聞を擁護します。
 正直なところだんだん腹が立ってきたな。どうして基本的なことも理解できていない人間が、上から目線で他人をバッシングしてるのかなと。  朝日新聞についてですが、まず、池上氏のコラム掲載を拒否したことは愚かな選択だったと思います。ただ、そのことについては一部で言われているように、言論の封殺などではまったくありません。池上氏がどんなコラムを書こうが池上氏の自由ですが、それを最終的に掲載するか否かは朝日新聞の自由です。両者の自由は対等であり、池上氏がその決定に不満ならば、別の場所で自身の言論を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/21 10:40
あえて朝日新聞を擁護します(笑)。
 世間では朝日新聞バッシングが吹き荒れていますが、そんなに朝日新聞は悪かったんですかね?  こう書くとすぐに「朝日新聞に洗脳されている」とか安易なラベリングに走るおバカさんがいると思いますので、毎度のことながら予め断っておきますが、私は朝日新聞などまったく読んだことがありません。我が家で恒常的にとっているのは読売新聞ですし、なんかの機会に一度や2度読んだことはあるのかもしれませんが、意識して読んだことはないですし、覚えてもいません。読売新聞を読み続けている割には、その内容を批判すること... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/31 11:09
ちょっとした議論
 今日は仕事でお客さんのクレームの対処をすることになりました。クレームの内容自体は本筋でないのでここには書きません。  以前にもちょっと書きましたが、私はこういう時、説得できなければ負けくらいの気持ちで対応します。10分くらいだったかな。なんとか納得してもらいました。でも、実際の結果は勝ち負けじゃないですね。お客さんのクレーム自体決して理不尽なものではなかったし、こちらの言ったことはきちんと聞いてもらえて、あちらもきちんと自分の考えを声を荒げることなくきちんと主張してもらえました。終わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/28 01:03
サピオ8月29日号斜め読み
 新聞のサピオの広告を見て驚きました。なんと、サピオがネトウヨ批判の記事を載せてる〜((((゜Д゜;))))。いや〜、私から見れば、サピオもネトウヨも似たようなものなんですが。  本屋へ行って早速サピオをパラパラ。すぐにレジに走りました。いや〜、「ある意味」とても面白かった。  大雑把に言ってサピオのネトウヨに対する分析は、筑紫哲也氏が健在だったころにニュース23で右翼にはまる若者の特集と似たようなものという気がする。記憶で言ってるのであまり正確ではないけど、何をいまさらとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/10 00:53
わざわざ言わなきゃだめなことなのかな?
 あちこちと、被災地の瓦礫を処分するために受け入れる自治体が増えてきています。とてもいいことですね。ところが未だに反対運動などが起こっているとは、いやはや・・・。  今回の瓦礫の処分、安全に決まってるじゃないですか(笑)。  今回要請されている瓦礫には原発のある福島県のものは含まれていません。宮城や岩手のものですが、そんな遠いところの瓦礫ですら危険なほどの放射能を帯びているとしたら、私の在住している群馬県も福島県に隣接してるので、とてもじゃないけど住んでいられません(笑)。少... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/05 00:45
猫ひろし騒動、もうひとつの観点から
 さて、猫氏の国籍変更に噛み付いた中には右がかった人たちも多かったように思います。曽野綾子氏は週刊ポスト(だったかな? すみません。忘れちゃいました。)の連載で猫氏を非難した上で、国籍を帰ることはその国の国旗に敬意を払うことだなどと書いています。  ちっちゃ〜。  国籍を変えるって、それだけのこと? だったら別に変えたっていいじゃん。まぁ、100歩譲って好意的に読解してやれば、国旗の後ろにあるその国自体に敬意を払うことだともとれなくもないですが、別にわざわざ「国旗」という言葉... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/29 00:58
いまさらですが、猫ひろし騒動について
 猫ひろしさんのオリンピック出場がなくなりました。これ自体は、国際陸連のルールどおりということなのでやむを得ないことでしょう。ちょっとこの騒動を振り返って見ます。  私個人としては、このような形での五輪出場は必ずしも好きではありませんでした。しかし、バッシングしている側の余りの浅はかさに、かなり猫氏に同情的になっていきました。  そもそも今回の話はカンボジアの側から打診された話でした。それを知らない人も結構いるんじゃないですかね。カンボジア人選手の枠が減るだとか、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/11 00:25
4月26日の「おみやさん」を見て考えたこと
 4月26日のテレビ朝日のドラマ「おみやさん」個人的には傑作だったと思います。連続ドラマの中の一話があんなにいいと、それがシリーズの中に埋没してしまうことがもったいないと思います。どんな風によかったかは、あんまりネタバレしたくないので割愛。ただ不覚にも涙ぐんだことは告白してしまいましょう。  以下はこのブログで書きたいことに関わる、最小限のネタバレします。ご注意を・・・。  ドラマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/30 00:57
訳の分からない韓流ドラマ騒動
 俳優の高岡蒼甫氏が投げかけた韓流ドラマ騒動、私には理解できませんね。そんなにフジテレビは韓国ドラマを流してたのか? 言われなきゃ気にもかけなかったし、改めてみてみても、それほど異常な多さだとはまったく思わない(笑)。  そもそも韓国のドラマに視聴者が飛びつくなら、それを流すことはTV局にとっても番組の合間に自社のCMを流すスポンサーもそれを流そうとするのは当たり前の商業活動でしょう。韓国ドラマを見たい人は見ればいい。見たくなければ見なければいい。ただそれだけの話です。だいたい言ってる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/08/02 01:12
ピーター・フォークさんが亡くなりました。
 ピーター・フォークさんが亡くなりました。言わずとしれた、刑事コロンボの主役。私もよく見ていました。しばらく前から、アルツハイマーだったということは報道されていましたが、亡くなるころには刑事コロンボをやっていたことも忘れてしまっていたとか・・・。  それでちょっと思い出すのが、刑事コロンボの中の「忘れられたスター」です。「別れのワイン」と並んで大好きな話なのですが・・・・。以下ネタバレ注意。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/27 00:03
震災とトルコ
 なんでも、トルコは新規の原発の受注について、引き続き日本と交渉してくれるとか。もちろん原発には賛否両論あるでしょうが、日本でさえ脱原発について安易に結論が出せるとは思えません。原発の建設についてはトルコの決断を尊重することとして話を進めたいと思います。  トルコ大使は日本の技術を信用してくれると言ってくださいました。是非信頼にこたえたいところです。  ちなみに、トルコの救助隊は早々と日本に来てくれた上、他の国が撤退した後も残ってくれていたようです。トルコ大使館のホームページ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/30 23:56
震災ボランティアに行ってきました。
 本日、宮城県へ震災ボランティアに行ってきました。まぁ、職場が段取りをしてくれたので、面倒な手続きはなく行ってこれました。  全面津波に流されているような大きな被害を受けたところではなかったですが、周りの家はどこも、1階に大工さんが入っているようでした。1階に津波の被害を受けたのでしょうね。  やってきた仕事は、芸能人の炊き出しのような、いかにもボランティアといったものではなく、要はドブさらい。しかしこれから梅雨を迎えるにあたって、側溝があふれないようにすることは必要なこと・... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/21 23:33
地震後・・・、いろいろずれているひとたち(続)
 地震後、著名な人たちがいろいろ寄付すると表明していました。その中で聞こえてきた言葉です。「政治家は寄付をしないのか?」と。  まぁ、政治家の寄付が法律である程度規制されていることはこの論ではおいておきますが、こうした発言をする人間は、いったい寄付をなんだと思っているのでしょうか? 寄付するという行為はあくまでも個人的なものです。寄付した人間に敬意を表することはいいことだと思いますが、寄付しなかったからといって非難する筋合いはまったくありません。これは立場が「政治家」でも同じことです。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/01 01:08
地震後・・・、いろいろずれている人たち
 最近読売新聞の編集手帳が地震関連で何気にいいこと書いてるな。先日、911の後ニューヨーク市長が言った発言が紹介されていました。要約すると、普通の生活に戻ることが犠牲者の死を無駄にしないことだというようなことでした。花見すら自粛しろと言い出す知事とはえらい違いだ。私はニューヨーク市長の発言の方が正しいと思います。天罰発言ではむしろ褒めたのに、やっぱり石原都知事はこの程度の人間なのでしょう。節電に関しても、パチンコ屋や自販機などを槍玉に上げているようですが、節電自体には私も当然賛成ですが、それは特... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/14 08:57
地震について(続・続・続)
 海外ではいろいろ日本を褒める言葉が上がっていますが、実情はそれなりに犯罪も起きていますので、褒められているのが心苦しいです。その中で、ちょっと気になった発言があります。  なんでも、ビートたけし氏がコンビにで盗みをした人間を射殺すべきだなどと言って、一部で共感を得ているようですが、個人的にはまったく賛同できませんね。私自身は、本気で自分や他人の命がかかっている場合は、犯罪を犯す覚悟を常にしています。もちろん、差し迫った事情もないのに窃盗することは私も許容しません。しかし、いきなり射殺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/22 00:01
地震について(続・続)
 なんでもアフラックのアヒルのCM声優が、日本の震災で悪質なジョークを言って解雇されたとか。正直に告白しましょう。不謹慎が凝り固まったような私など、紹介されたそのジョークを素直に楽しみました。個人的には、ことさら日本人自身に悪意があるようには思えなかったんですけどね。また、マレーシアではウルトラマンが波に追っかけられているところを描いた風刺漫画を描いた漫画家がバッシングを受けました。ウルトラマンは私もいろいろと連想したこともあって、ニヤリとしました。もともと笑いというものは、悪意などの負の感情と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/16 23:31
地震について(続)
 そろそろテレビの番組も通常に戻ってきました。個人的には、テレビの番組は早く元に戻したほうがいいと思っていました。もちろん、そんなことをしたらクレームを付ける方々がいっぱいいることは承知の上です。なにはともあれ、アニメは放送したほうがいいと思います。被災地の現況に差はあるのでしょうが、もしテレビを見られる環境ならば、子どもがアニメに釘付けになれば、その間だけは面倒を見る大人が一息つけます。もちろん実際のところはどうかわかりませんが、単に不謹慎と片付けずに、現実的にどうなるかを、いろいろ考えてみる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/15 22:58
地震について
 いつもやっているネットゲーム、ファイナルファンタジー11が、東京電力の節電の呼びかけに答えてサーバを停止してしまったので、暇になったからちょっとブログを更新したいと思います。スクウェアエニックスのこの行動はまったくもって頭が下がる決断なのですが、ユーザーとしては、一応ユーザーに予告時間を設けてから実行して欲しかったと思います。まぁ、単なる我が儘なんですが(w)。  それではまず、私自身の体験から。地震があったのは丁度仕事中でした。とにかく物凄い揺れを感じたのですが、すぐ終わるだろうと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/13 23:51
NHKの大相撲中継が中止になったことについて
 NHKが大相撲名古屋場所中継を中止にしました。理由として一番に挙げられたのは視聴者から中継取りやめの意見が1万2千以上(意見総数の7割にあたる)寄せられたからであるとのこと。  これを聞いたとき、即座に思ったのが、「本当に視聴者が中継取りやめを望んでいると言えるとは限らないのではないか?」という疑問でした。  結局、自分から声を上げる人というのは、ある種の偏りがあるのです。まず、規定の流れとしては中継するという方向性です。そのままでいいという人は流れを変えたいという人よりが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/09 01:09
国母選手をあえて弁護します
 な〜につまんないことにいちいち抗議してるのかね〜。まず率直に国母選手のファッションを評価すると、ボーダーらしくていいんじゃねぇ? まぁ、私のファッションセンスのなさは自他共に認めるところでありますが。  ちなみに、私だったらああした場では素直に制服を着ると思います。ただ、私は「服装などにこだわらない」という主義なので、言われた服装を素直に着て文句をつけないだけです。結果として制服をちゃんと着ることにはなりますが、心情としては自分の主義を貫いているだけです。結局、「ああいう場ではきちん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/15 01:14
人のためになにができるかということ
 実際にあった例なのですが、匿名希望のAという男性を、匿名希望のBという女性が好きになったシチュエーションを想像してください。Bさんの気持ちを大勢の人間が知っていたのに、誰一人彼女のために動いてやる人はいませんでした。  もちろんいちばん悪いのはBさんで、「男女平等」などという言葉を持ち出さなくとも、現実問題として、恋愛は惚れた側がなんらかのアプローチをしなければ状況が動くはずはありません。最近では元モー娘の辻希美さんがよくエピソードを披露していますが、現夫の杉浦太陽さんに3回振られて... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/05 01:04
東京モーターショーが始まりますが(もっとも、私は行かないですが^^;)
 24日から東京モーターショーが始まります。個人的に注目しているのはマツダの清(きよら)。なんでもハイブリッドなどの技術を使わず、純粋にガソリンエンジンのみで超低燃費を実現したとのこと。今自分が乗っているのがマツダのRX-8なのですが、その前に乗っていたのが旧型のプリウスでした。そのため周囲からは環境に優しくなくなったなどと言われてしまいましたが、私の中では環境のことを考えて車を選んだのに誰も信じてくれません。  要するに、ロータリーエンジンというマツダの独自の技術に投資することは、目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/23 00:21
酒井法子記者会見について
 ふむ。まさか記者会見をするとは思ってもいませんでした。麻薬で捕まった芸能人は何人もいましたが、記者会見などせず、ひっそりと服役(?)していました。  個人的には、ぜんぜんノリピーに思い入れはないです。ただ、たまたま同学年なので、ちょっと印象には残っていましたが・・・。   私はとりあえずは、今回の記者会見を評価しています。「形だけで反省はしていない」とか、悪く考えればいくらでも悪くとれますが、少なくとも本人にとってこんなことはやりたくないだろうし、やりたくないことをあえてや... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/18 01:20
読む力
 何度もこのブログで取り上げてきていることではありますが、やはり「読解力の低下」について、日本はそろそろ考えなければいけないのではないでしょうか?   7月16日の上毛新聞コラム三山春秋の一部を引用します。「現代人は表現力が衰えているのではないか。〜中略〜活字離れが叫ばれて久しい。読むことによって培われるはずの理解力が低下すれば、おのずと表現力も落ちるだろう」  これ、一部賛成ですが、ちょっと私は見方が違います。もともと日本人は、それほど表現は得意でなかったと思います。これは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/22 02:05
グインサーガ127巻が出ていました。
 今日、グインサーガの続きが出ていましたので、当然のこととして買ってきてしまいました。まだストックがあったようです。これが最後でしょうか? それともまだ続きは出るのかな? それが気になって、今回初めてあとがきから読むということをしてしまいました。特に明記はなかったですが、あとがきに書いた日付が4月29日。作者の入院が確か、5月はじめだったと思うから、少なくともあとがきはこれで最後かもしれません。  ところで、私の脳内ではグインサーガ完結までのストーリーが出来上がってしまいま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/14 00:09
土浦の8人殺傷事件の裁判について
 これについて意見はいろいろ見てみたけど、平均的な意見は、いったいどこらへんにあるのでしょうね。  被告の衝撃的(?)な言葉が大きく報道されて、そこに否定的に反応してる人は多いのでしょうか。  「人を殺すのは蚊を殺すのと同じ。」とか「ライオンはシマウマを殺す時、何か感じるのか…」という言葉が報道されましたが、個人的な意見を言わせてもらえば、前者はまったくもって同意です。人を殺すことと蚊を殺すこと、いったいどこが違うのか、違うと思っている人はぜひ私にも教えてほしいですね。私も人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/07 02:16
死者に鞭打つ記事(若干ネタばれを含む)
 栗本薫死去・・・・・・。ショックでした。本来なら、ご冥福を・・・となるのでしょうが、どうしても恨み言を言いたい!  グイン・サーガの結末を墓場まで持っていくなよ〜! ヤガへ行ったヨナとスカールはどうなる?! おっと、フロリーとスーティーもだ。ミロク教はどう変わったんだ?!   イシュトの求婚の行方は? リンダ・ヴァレリウス・マリウスの対応は?  ケイロニアではいったい何が?っと、これは「7人の魔道士」の内容なのだろうが。シルヴィアとその子はどうなるの? 黒衣のロベ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/01 00:34
地方自治を履き違えちゃいませんか?
 まったくもう。どうしてこう橋下知事は言うことがことごとくむちゃくちゃなのでしょうか?  若干時機を逸してしまったかもしれませんが、橋下知事が国直轄事業負担金制度について、「国と地方の奴隷制度で、地方は奴隷。奴隷を解放してほしい」などとのたまわったそうです。  しかしね、そもそもなんで国直轄事業負担制度があるのでしょうか? 道路整備や河川整備など、単に地方の枠だけでは考えられず、いくつもの県、あるいは市町村にまたがって行わなければならない事業があります。そうした事業で、も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/27 00:55
また麻生総理を弁護したくなってしまいました
 うーん、個人的には弁護したくはないのですが、突っ込んでる側がどうも変で・・・。  とりあえず郵政民営化問題。「当時私は反対だった」旨の発言ですが、そもそも民主主義の日本では、どんな意見をもっていようがそれは自由だし、最終的には(おそらく)多数決で決まったことに従うのはごくごく当たり前の事。確かに言わんでもいいことではあり、無駄な波風を立てることになるから失言ではあるのでしょうが、発言内容自体は常識の範疇でしょう。  また、法律自体に3年の見直し規定があるのだから、見直しをす... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/19 01:13
ブログ炎上の実行者が摘発されたことについて
 タレントのスマイリーキクチさんのブログを炎上させた何人かが警察に摘発されました。当然のことですね。まずは、被害届を出したスマイリーキクチさんに拍手〜。今までもずっと炎上が問題になっていた中で、ブログなどを炎上させる当事者は、自分たちが悪いことを気づかないんでしょうかね? 彼らに自分たちが悪いことを気づかせるためには、今回のスマイリーキクチさんのような行動が必要になるでしょう。今回摘発された側は「正義感からやった」などと述べている者もいるようですが、彼らの行為はまったくの悪です。  炎... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/09 00:52
核廃絶について
 1月20日付け、地元上毛新聞に核廃絶へむけての議論が世界で活発化しているという記事が載っていました。共同通信系の地方紙には載っているのかもしれませんので、他県の方も確認していただければと思います。  それによると、議論の中心となっているのはキッシンジャー、シュルツという二人の元米国務長官。どちらかといえば、冷戦時代の核による抑止力の中で活動したお二方です。彼らの考え方が変わったのは何よりも、現在の世界の「現実」からです。今や世界の脅威は敵国からテロリストとなってきました。テロリストに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/21 01:13
支持率が低下している今だからこそ、麻生総理を弁護してみましょうか(笑)
 麻生総理の支持率もだいぶ下がり、政策的にも国民から総スカンのような状態で、国会でも野党にいじめられていますね。  でもよく考えてみてください。なぜ麻生氏が総理に選ばれたのか。前の福田総理の支持率が低迷したとき、自民党が麻生氏ならば選挙に勝てると踏んだからです。その背景にあるのは国民にあった麻生人気。まんがを読んでるというだけで支持していた秋葉系住民は論外としても、麻生氏に期待した人も多かったのでは?  でもこの人は今までもずっと、失言を繰り返してきた人だったでしょう? 失言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/20 01:23
まさかここまでとは・・・
 定額給付金について、橋下知事が独自の案を出したそうです。その案とは、定額給付金に所得制限を設けて、余った分で学校の耐震工事をするとか。  あきれ返りました。考えてみてください。定額給付金のために国から来る金はあくまでも国の金です。本来なら、大阪府が自らの責任においてすべき耐震工事を国の金を使ってするとは・・・。国のお金であるということは、他の自治体の住人からもお金が出ているということです。  分かりやすくするために極端な例で言います。大阪府の人口が100人、A県の住人が50... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/09 00:23
自らの身は省みず
 田母神前航空幕僚長が「自らの身は顧みず」なる本を出したとか・・・。さすがに買うのはばかばかしいので、広告に対して突っ込みます。  まずタイトルですが、漢字を間違えてるのではないでしょうか? 私がこの記事のタイトルに使った字が正しいと思います(笑。なんて突っ込むのにおいしいタイトルを付けてくれるんだろう。その点は感謝)。  日本が素晴らしい国だと言ったら解任された」だそうです。田母神氏を非難する側の主張はすべて無視ですね。それとも理解できない? 相手の主張を全面的に考慮しない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/12/30 10:20
日米中韓台教科書比較から学ぶべきこと
 米スタンフォード大学アジア太平洋研究センターが、日米中韓台教科書の比較研究プロジェクトを実施し、16日付けの読売新聞にその研究成果が載っていました。  結果は日本人にとって意外なものではありません。全教科書中日本の教科書が最も抑制的で、一番愛国主義的な教科書は中国でした。過去30年間、日本の高校歴史教科書は日本の戦争責任について十分な注意を払っていないなどと海外のマスコミで悪評を買ってきたそうです(一部の国かもしれませんが・・・)。しかしそれは誤りであると結論付けられています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/26 01:59
山本五十六の遺書と今の政治
 若干時機を逸してしまったかもしれませんが、山本五十六の遺書が発見されました。山本五十六は日米開戦に反対していたことを、このニュースで知りました。う〜ん、私もまだまだ不勉強ですね〜(反省)。  この場では山本五十六の判断を安易に評価はしませんが、ひとつ確実に言えることは、前にも書いたことですが、太平洋戦争当時、決して開戦が唯一無二の選択ではなかったということですね。一部に開戦が日本にとってただひとつの選択で、それを批判することを自虐だなどと言う方々がいらっしゃいますが、それが言いがかり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 32

2008/12/12 01:26
相変わらず困った田母神前航空幕僚長
 田母神氏がまたしょうもないことを言ったようです。もちろん、自衛官時代ならともかく、ただの人になった今の田母神氏は何を言っても表現の自由です。しかし、それをどう批判しようと私の表現の自由です。大いに突っ込みを入れさせていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

2008/12/01 01:16
再度田母神問題をまたとりあげます。
 正直、田母神擁護派の発言を見ていると、本気で日本の将来が心配になりますので、ちょっと私なりにもう一度とりあげてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/17 01:06
訃報 筑紫哲也氏死去
 今回は特に言いたい放題言うつもりなので、ご注意を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/09 00:20
どうして橋下知事の発言は、こうもつっこみどころが多いんだろう
 橋下氏が「第18回全国産業教育フェア大阪大会」なるイベントに出て、高校生に向けて挨拶したそうです。愕然としました。まずは地元の上毛新聞に載った部分を引用します。  「ぼくが受けた教育は最悪」「(卒業後の)職業がまったく意識させられない。学力も別に言われない。何でもかんでも生徒の自由。日の丸・君が代もまったく教えられなかった」「頑張ったやつも評価されなかった。差がつくことはいけない、と。そうしたら「頑張ろう」という気力がなくなる。そういう教育はおかしい」「自分が社会に出たときに、どういう役割を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/04 00:04
ちょっと疑問な発言2つと、大いに笑える発言1つ
 まずはちょっと疑問な発言から。  国連の市民的・政治的権利に関する国際規約委員会なる組織が、死刑廃止の検討を日本に要求したそうです。私自身は死刑廃止論者で、他国からの日本への要求は安易に「内政干渉」などと言わずに真摯に受け止めるべきと思っている立場ですが、どう考えても疑問な発言が一点ありました。「世論調査の結果とは関係なく、死刑制度の撤廃を前向きに検討し、国民にも廃止が望ましいことを知らせるべきだ」というところ。その国の市民が望んでいないのに、国家に市民に対して意見を押し付けろというのでしょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2008/11/02 02:26
さすがにこれは・・・
 大阪府で教育問題討論会が行われ、橋下知事が出席したそうです。私自身、知事の言動には大いに批判的ですが、今回はある程度知事を弁護しないわけにはいかないようです。  討論会中現役教師の何人かが、野次を繰り返したとのこと。なんでそんなばかなことするかな〜。ルールにのっとって大いに討論するのは構わないですが(もっとも、こういう行政のイベントではなかなか討論らしい討論にはならないかもしれませんが)、野次などで勝負するとは・・・。  やっぱり何事も、主義がどうかより、主義をどう主張するかで、その人間の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/28 20:28
偏向、あるいは不偏不党にについて
 ちょっと別な場所で報道の偏向について話が出たので、以前にこのブログで何度か書いたテーマではありますが、改めて視点を変えて書いてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/28 01:43
あいた口がふさがらない
 中山前国交相にもあきれたが、もっとしょうもないボスがいたよ・・・。  元首相の森喜朗氏が講演で、「親や子供を殺すようなことが珍しくもない世の中になったのはなぜか。やはり戦後の日教組教育の大きな過ちだ。それが民主党の支持団体じゃないか」などとの言ったそうです。  そもそも日本の教育って、国の責任でやるもんじゃないんですかね? 仮に日教組が国の意思に反して教育をしていたとしても、それを抑えられなかったとしたら、それこそ国の責任は大きいでしょう。一時期でも国のトップに立ったことのある人間としては... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/21 00:23
相変わらずお騒がせだね〜。橋下知事と中山前国交相。
 困ったものです。大阪府が学力テストの市町村別の結果を公開したそうですな。ありていに言えば、そんなことをする意味はないのに・・・。どうもこの人、学力テストをする意味を根本的に分かっていないようです。そういう人が学力テストの結果という情報を不用意に得ると、それこそ過度な競争が出てくるのですが・・・。受け取る側にまともな判断力があるのなら、どんな情報を公開してもなんの問題もないのです。でも情報の意味をきちんと理解できない人が勝手に解釈を始めてしまうと、せっかくの情報もだいなしですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/18 02:16
中山前国交相が引退するそうですね
 そこまで行きましたか。個人的には立候補したうえで落とされてほしかったところですが、まぁ、引き際だけは心得ていたというところでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/05 00:46
橋下弁護士に対して賠償命令がでました
 橋下弁護士(この件に関してはこの肩書きのほうが正当でしょう)が光市母子殺人事件の弁護団に対して、テレビで懲戒請求を呼びかけた行為に対して、広島地裁の判決が出ました。  極々、当たり前の判決ですね。制度的には確かに、気に入らない弁護士に対して大衆が懲戒請求をすることは出来ます。しかし、無責任な立場で、安易な判断になりがちな大衆に、まるで多数決で結果が出るかのように誤解させて懲戒請求を呼びかける行為は、根本的なところで弁護士失格です。どうしてこういう人が弁護士やってられたのかな〜? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/03 00:18
中山氏はまだ吠えてるみたいですね〜
 困ったものです。いつまでも自分の過ちに気づかないとは・・・。  でも、悪いのは当人だけでなく、日本中にいる生きている化石たちですね〜。  いい加減現実を見つめればいいのに。教育について考えるにあたって、見当はずれの日教組バッシングをしている間なんかないと思うけどな〜。子供は次々にやってきます。今の教育に悪い点があるならすぐに直さないと。次の世代になってから直しても、今の世代にとっては遅いのですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/01 23:59
中山国交相の発言は、単なる妄言です(笑)
 まずとっても分かりやすいところから。「単一民族」発言。いや、結構最近同じような発言をして批判を受けた人がいたな〜と思ったら、上毛新聞には書いてありました。他ならぬ麻生氏でした(笑)。少なくとも、人の振り見て我が振り直せよな〜。教育問題とやかく言ってる場合じゃないぞ。本人に学習能力がないのでは?   まぁ、麻生氏はまだ弁護の余地があります。アイヌ民族について、国の見解が定まっていたわけではないようですから。ただ、今は国会でアイヌをひとつの民族と認めています。閣僚がそれを否定しては話しになりませ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/09/30 01:46
いや〜。世の中には笑える人がいるな〜。
 なんでも、橋下知事を攻撃するところって平松大阪市長とか同和利権にはスルーなんだそうです。わざわざ名指しで紹介されちゃいました(笑)。まともな人間ならそれを読んだだけで大笑いできますね。  確かに、私は橋下知事を攻撃していて大阪市長や同和利権のことはブログ書いたことがありませんが、私の書いていないことなどごまんとあるのに、どうしてこの2点をピックアップするのかわけがわかりません。もっと橋下知事に直結することならば「それを指摘しないのはおかしい」となるかもしれませんが、タイトルだけみると直接関係... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/27 09:03
ちょっと時期をすぎましたが、河野衆院議長 政界引退するとのこと
 河野衆議院議長といえば、一部の人たちから河野談話の張本人として、親の仇のように嫌われていますね(笑)。  河野談話が国益を損ねたとかなんとか。  でもよ〜く考えてみてください。本当に国益を損ねたのは誰か。  別に河野談話が正しいかどうかはここでは論じません。ただ現実問題として、河野談話により日本がそれほど不利益を受けたのでしょうか? 金銭的賠償は、国としての賠償は終わっているということでされていません。これは妥当な判断ですね。一部の人が寄付をつのって賠償しましたが、それはそれぞれの人が個... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 00:21
自民党総裁選と、橋下知事・・・
 とうとう自民党は麻生氏が総裁になってしまいましたね〜。結果は見えていたとはいえ、がっかりです。まぁ、他の候補者も、これはという人はいなかったのですが・・・^^;。何日か前のブログで失言癖を指摘していましたが、まさか総裁選でもやってくれるとは思いませんでした。失言て、内容の是非より、それを言ってしまう考えのなさ、思慮の浅さが総理としての資質に疑問符を付けるのだと思います。ただ、正直なところ、全体としては小沢民主党に任せるよりはまだましかと思っています。民主党より、党首を止める人が自民党に多いよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/22 23:31
文芸春秋10月号、「新・東京裁判」を読みました。
 文芸春秋の「新・東京裁判」、目的としては読売新聞の「検証・戦争責任」と同じでしょう。日本人による、先の大戦の検証です。こういう試みは、いろいろな形で今後も続けられるといいですね。そういう積み重ねによって、なんらかの結論が出ればよいのですが・・・。ちょっと振り返ってみれば、何年か前、政府からNHKに対して圧力があったかなかったかでもめた事件がありました。その中心となった番組で取り上げられた模擬裁判、内容的には偏りはあったとしても、紛れもない「日本人による先の大戦の検証の試み」であったのは事実でし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/21 02:04
ゴーマニズム宣言でもつっこんどくか・・・
 SAPIOって実は、突っ込み先の宝庫かもしれないな。9月24日号を読んでそう考えました。読売突っ込めなくなってきたから、こっちに矛先をうつそうかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/10 01:02
福田総理が辞任しました
 今日福田総理が辞任しました。さすがに最初は驚きはしましたが、すぐに納得できました。安倍総理の辞任と比べる声もあるようですが、正直、あれほど無責任ではないと思いますね(まぁ、安倍首相は現実に病気だったことを加味すれば、無責任というのは酷かなとも思いますが・・・。)。今この時期にやめたのは考えた結果でしょう。結構いろんなところで、総理辞任は決定的であるかのような論調が流れていました。無理に続けて、ぐだぐだになって選挙を続けるよりは、心機一転次の首相で選挙に臨んだほうがいいとの判断でしょう。考えてみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/02 00:43
アフガニスタンの事件でわかること
 アフガニスタンでボランティアが殺害されました。不思議と、今回は自己責任という言葉が聞こえないですね。生きて帰ると自己責任とバッシングされ、死んでしまうと許されるというのでしょうか? ということは、この点だけに注目すれば、人質になるくらいなら死んだほうがいいということですかね? まるで戦時中ですが。  海外で人質になった人間を自己責任として責める言葉の問題点は、今回のケースを拡張してみるとよく分かります。もし助けられるなら、伊藤さんを助けたかったと思いませんか? もちろん今回の場合は日本に残っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/01 00:45
業務上過失致死に問われた産科医に無罪判決がでました
 今回の判決、判断は難しいですが、個人的には妥当だと思います。このブログで、死刑がらみのことでよく言っていることですが、被害者の気持ちを汲み取ることは大切だけれども、第3者の冷静な視点で判断することも大切です。今回の医師逮捕、結果として産科医が医療行為自体を避けるようなことにもなってしまいました。医師だけじゃなく、政治家や教師や公務員などに対してもそうですが、バッシングだけではなんの解決にもならないということの端的な例といえます。  まぁ、医師という仕事はもともと責任重大だし、生半可な覚悟しか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/21 23:52
終戦記念日を過ぎて
 われながらちょっとタイトルが凡庸かなと思いますが、まあご容赦を。  終戦記念日前に、終戦直前の東条英機元首相の手記の存在が明らかになりました。あえて個人的な評価をすれば、戦時中の思想そのものだと思います。結果としては東条氏の思想がトップダウン式で国民に広まっていったのでしょう。「思想」という言葉を使いましたが、それが相応しいように思います。先の戦争は、合理的な国家戦略というより、最初から最後まで思想による戦争だったのではないでしょうか? ありていにいえば、あまりにも現実性を欠いた選択だったの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/08/17 02:10
全国犯罪被害者の会って・・・
 全国犯罪被害者の会のサイトで、朝日新聞への公開質問状を読みました。正直、「なにか勘違いしているんじゃない?」というのが感想です。  私自身は朝日の死神発言には組しませんが、当の鳩山法相が抗議するのはともかく、被害者の会が抗議する筋合いのものではないでしょう。  抗議の中で、わざわざ「執行に関与した関係者等すべてを侮辱するものと言わざるを得ません。 」などとも言っていますが、正直これも余計なお世話でしょう。なぜなら、現実に死刑執行に携わる人たちは、死神呼ばわりくらい当然覚悟しているでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/19 18:52
秋葉レポート
 日曜日、懲りもせず秋葉へ行ってきました。事件からおよそ一ヶ月たつ日曜日とあって、予想通り、報道のテレビカメラが見受けられました。3台みつけて、そのうち二つはTBSとテレビ朝日とわかったけど、もうひとつはわかりませんでした。TBSのカメラは撮りはじめにその前を横切り、予想通りの展開にニヤッと笑ってしまったところが映ってしまったかもしれません。テレビ朝日のカメラは、おそらく建物の上から現場を撮ってきた帰りに同じエレベーターに乗り合わせたので映りはしませんでした。  警官が立っているのも見受けられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/08 00:48
やっぱり橋下氏は支持できませんね(続)と居酒屋タクシーと朝日新聞の死神発言
 改めて読み返してみると、書き漏れがあったのでちょっと補足します。  今になっていろいろ報道をされていますが、大阪府の赤字対策はずっとされて来たようですね。その中には職員給与の削減もとうぜん含まれています。誤解してほしくないのですが、決して職員給与が聖域になっていたわけではないのです。単に報道されることがなかっただけでね。そうした努力も省みず、さらに下げようという姿勢では、職員が反発するのは当然だと思いますが。  住民にも痛みをなどと言っているようですが、ある意味橋下氏のやろうとしていること... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/26 22:17
やっぱり橋下氏は支持できませんね
 橋下氏のその後の動きを見ていると、やっぱり支持できませんね。もっと困ったことに、支持している側の意見を見ると、橋下氏本人よりも問題な意見が見受けられますね。  その後の動きについて述べておくと、勤務時間内の喫煙を全面禁止にしたり、自衛隊への職員研修を計画したり、職員給与の削減が労使交渉で決裂したことなどですかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/24 02:03
秋葉の事件と、イランの人質事件と・・・
 タイトルの二つの事件、共通するキーワードは自己責任です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 01:46
なんのための記録なのか
 日本の選手が北京オリンピックでスピード社の水着を着られるようになりました。私が選手だったら意地でも着ないんですが・・・。  そもそもスポーツで記録を出すのって、単に早ければいいのでしょうか? 水着で工夫して速くなっても、それは選手の実力ではありません。世界新記録などを出しても、実は破られたほうの記録のほうがスピード社の水着を着ていれば、もっと速かったという可能性もあります。そんなふうに、条件が同じでないのなら、記録を破ることになんの意味もありません。他人との比較においても、自分との比較におい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/13 00:28
物事は、単純に捉えないほうがいいのではないでしょうか?
 今話題は秋葉の通り魔事件ですね。私も5月30日にのこのことあの通りを歩いてきたばかりなので、決して人事ではないのですが、今回の事件で日本の治安が悪化したと見るのは早計でしょう。特異な事件が起き、大々的に報道されるとそれがすべてであるように思われがちですが、やはり治安のいい悪いは統計で判断すべきでしょう。  私はこういう事件が起きるたび、「人を見たら泥棒と思え」的に社会が過剰な警戒感を持つことがいいことだとは思えません。  他人に対する警戒は、他人に対する不寛容と不干渉を生み、結果として今回... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/11 01:01
ネタバレ必至 映画「相棒」
 タイトルにもあるとおり、ネタバレした書きますのでご注意を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 00:55
自殺について
 最近自殺の話題がいろいろ出ています。硫化水素自殺、女子アナの自殺。そうそう、有害サイト規制の話も、自殺サイトがらみがありますね。自殺の話をネタにすると、このブログもフィルタリングに引っかかってしまうかな?  ちょっと自殺についての主観をいろいろとまとめてみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/04 00:33
呆れた橋下知事発言・・・
 もともとしょうもないと思っていいたが、今回の発言は極め付けでした。  大阪市長との会談での、文化施設の統廃合を巡る議論です。とりあえず、橋下発言を引用します。 「行政が特定の文化を育てると考えるのはおこがましい。残った物が文化だ」 「府民や市民は署名はするが、お金を出してくれるのか」  知事は根本的に勘違いしていませんかね?  まずは後者の意見から反論します。府民や市民がお金を出していないとでも? 当然出しているでしょう。「税金」と言う形で。府民が署名を集めたという行為は、いわば税金... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/05/22 00:22
心理学と映画とSFと
 水曜日10時にTBSでテッパンノートという心理学番組をやっていますね。なかなか見られないのですが、7日放送分を見ました。その昔、それいけココロジーという番組もやっていましたね。この手の心理学番組、まったくの眉唾というわけではないのですが、一般の人が誤解をしかねないのではないかと思います。「あした使える心理学」などとサブタイトルがついていますが、現実には恐らく使えないでしょうね(笑)。心理学なんてそもそも、実験にしても統計学的に有意差数パーセントという程度の裏づけに過ぎません。有意差というだあっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/15 01:30
日本での聖火リレーが終了しました
 一応、日本での聖火リレーが終了しましたね。一番疑問なのは、チベット支持派も中国支持派も、結果に満足しているのかどうかです。私個人としては、両者失敗だったと思います。一応、中国はダライ・ラマと話し合うと言い出しましたが、チベット支持派への印象は今回の騒ぎで大きくマイナスになったと思います。チベット仏教の代表者の方がテレビで言ってました。おかげで肝心のチベットの報道が減ってしまっていると。また中国支持派も、なんか勝手に大いに盛り上がっているようですが、聖火の横に中国国旗が付いて回るのでは、それこそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/28 00:28
光市の母子殺人事件の、高裁差し戻し判決について
 ちょっと遅れましたが、このことについて書いておきます。  判決自体は予想通りですね。個人的には量刑は無期で十分だと思いますが、最高裁から無期では軽すぎるとのの差し戻し審で、無期になることはまずないでしょう。佐木隆三氏はテレビ番組で、弁護人が情状で争わなかったからこういう結果になったと吠えていましたが、情状で争っても結果は覆らなかったでしょう。あえて言えば、今回の弁護人のように事実認定で争ったほうが逆転の可能性はあったでしょう。情状で争うメリットがあるとすれば、弁護側がいらない非難を受けないこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/26 01:43
是非書いておきたいエピソード
 地元の上毛新聞に、是非書いておきたいエピソードが載っていました。おそらく上毛新聞に限らず、共同通信系の地方紙には載っていることもあると思います。  元はニューヨークタイムズの記事で、アメリカの大学で、チベット支援の学生グループと北京五輪や中国政府を支援する学生が小競り合いをしたところ、それをなだめ、対話させようとした中国人女子学生を、ネット経由で様々な形で陰湿な嫌がらせをしている輩がいるようです。一方的に自己主張しているのではなく、あくまでも仲裁に入っただけの女子学生を攻撃するとは、最低の輩... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/20 01:15
中国の事情、日本の事情
 中国で政府の情報統制を批判した評論家が、中国内で「反中」と総攻撃を受けているそうです。評論家の意見はまったくもってごもっともで、明らかに「反中」と叫んでる側が悪いと思うのですが、あまり責められないよな〜。  我が国を振り返ると、同じような輩がいっぱいいます。ろくに相手の意見も理解しないで、少しでも自分の偏狭な価値観に反するようなキーワードが出てくると、「反日」だの「自虐」だの大合唱する方たちが・・・(以下、便宜上そういう方たちを「反日合唱団」と称します。)。  今回のチベット騒動、そういう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/04/18 00:38
上野を歩いて考えたこと・・・
 今日は国立西洋美術館と国立科学博物館の企画展を見に、のこのこ上野へ出かけました。  公園口から出て真っ先に目にとまったのは、北京オリンピック反対の署名活動でした。まぁ、私も中国政府をそんなに良く思っているわけではないですが、こういう行動には疑問を感じます。もちろん、聖火リレーへの妨害に対しても、大いに批判的です。オリンピックは平和の祭典と言われますが、なぜそう言われるようになったかというと、そもそもオリンピックの生まれた古代ギリシアでは、たとえポリス(都市国家間)で戦争をしていたとしても、オ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/14 00:16
週刊新潮の悪あがき
 映画「靖国 YASUKUNI」を反日と決め付けたのは週刊新潮でした。そもそもその見解自体大いに疑問があるのに、こりもせずしょうもない記事を今週号にのせています。  そのなかで、週刊新潮は、自分たちや稲田議員が糾弾されているとし、そのあとに最も問題なのは劇場を脅した輩と靖国への助成金を看過した文化庁の役人であると吠えています。この期に及んでまだ分からないようですね。前者はまだしも、後者については大いに議論の余地があるところです。真っ当な判断力がある人間なら、とにかく見て判断したいと考えるはずで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/11 00:54
今の政局って・・・
 日銀総裁問題、道路特定財源の問題、今政治が停滞しています。今回の政治の停滞の責任は、民主党の側にあると思います。自民党が絶対多数をとっていたとき、その多数派の横暴さに対して大いに批判的だった私ですが、今の民主党の状態は、まさしく参議院での多数を背景にした、多数派の横暴を振りかざしていると思います。  参院選挙前に私は、参議院で民主党が多数をとることで、うまくバランスをとれるのではないかと期待していました。しかし、出た結果がこれでは、判断が間違っていたと言わざるを得ません。小沢氏が今日の党首討... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 00:35
週刊新潮の卒業式君が代斉唱の記事
 週刊新潮の広告を新聞で見たところ「たった一人の「君が代斉唱」門真市立中学の「異様な卒業式」」とのタイトルでした。映画YASUKUNI騒ぎの現況もこの週刊誌だったし、くだらないことを書いているようなら突っ込んでやろうかと思いましたが、意外にも、事実関係だけのまともな記事でした。  だったらこのタイトルやめろよ〜(苦笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/07 00:29
勘違い野郎がいっぱい
 またまた橋下大阪府知事が世間を騒がせています。なんでも、朝礼を朝早くからやろうとしたら、時間外になるからと止められて、それに対して勤務時間中の休憩や私語について給料を減額するなどと言ったそうです。  なにを勘違いしているのやら・・・。まぁ、勤務時間中の休憩や私語はしないほうがいいですが、朝礼を朝早くやることが時間外になるのは、労働基準法などの法律に基づいた、ごくまっとうな指摘なんですが・・・。橋下氏、知事になってすら、無知で無責任なバラエティーのコメンテーター並みの発言しかできていないようで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/03/16 01:12
ゆとり教育・・・
 今日の読売新聞の「政治の?」というコーナー、最悪でした。  どうやら読者の質問に専門家が答えるという主旨のコーナーのようです。今日はゆとり教育についてで、回答が中央教育審議会教育課程部会長という肩書きの、梶田叡一氏。正直、こういう人に次期の教育課程を任せるかと思うと、日本の教育の先が思いやられます。そう言いたくなるほどの内容でした。おおまかな結論をいうと、この文章の内容は、ゆとり教育に対する徹底的な否定です。  特にゆとり教育を受けた若い世代に言いたいことですが、ゆとり教育という方針は、決... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/03/09 22:55
奈良遷都祭のキャラクターについて
 奈良遷都祭のキャラクターについて、いろいろな議論がなされていますね。最初は批判的な意見が多かったようですが、最近は肯定する意見も出てきたようです。  正直、これを書く前に改めて調べるまでは批判ばかりという印象を受けていたので、「問題は日本の大衆がかわいいか否かという低レベルの美的センスしか持ち合わせていない点だ」とまで書いてやろうとしていました。でも、しっかり肯定的な意見もあるようですね。まぁ、日本人の判官びいきが現れてきただけなのかもしれませんが(笑)。  もちろん個人的な好みはあってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/08 18:29
ちょっと待ってよ!
 最近話題なのは、漁船とイージス艦の衝突事故でしょうが、私も一連の報道を見て、大いに疑問がありました。石羽防衛大臣のところへ連絡が入ったのが事故発生から1時間半後。それについて大臣は大いにお怒りであらせられました。少なくとも一報は入れられたはずだと。それ自体はお怒りごもっとも。  でも、ちょっと待ってよ! 福田総理に連絡が入ったのはさらに30分後。防衛大臣としては、すぐにも総理に一報くらい入れても良かったのでは? なんで総理に30分も経ってから連絡が行くの? 部下を責めてる場合ではないんじゃな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/21 00:45
トルコでの、女子大生のスカーフ解禁について
 かつて行ったことがあるので、どうもトルコ関係のニュースには反応してしまいます。  概要をいいますと、世俗主義を国是とし、政教分離を取るトルコは、今まで公の場で女性がスカーフをすることを禁じていました。イスラム教では、一定以上の年齢の女性はスカーフをすることになっているからです。  解禁を求める側の言い分としては、イスラム教を信じる以上、戒律にあることを守るのは信教の自由ということになるでしょう。  一方、解禁に反対する側の言い分としては、解禁することによって、イスラム教の力が増し、世俗主... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/13 00:32
進歩もなくなんど同じ事を繰り返すのでしょうか・・・
 倖田来未さんの話です。  まず発言に対する私の考えを書いておきますと、まぁ、確かに不用意な発言だったでしょうね。ただ、あくまでも身近な人に対する思いやりからの発言であるという真意を信用するなら、とやかくいうほどのことはないでしょう。政治家の発言なら、おかしな認識で誤った方向に国を導かれては困りますから、敏感になるのは分かりますが、若い芸能人の無知ゆえの発言を、こんなに大げさに取り上げる必要があるでしょうか? 「芸能人には影響力がある」という声も聞こえそうですが、同時に、視聴者はいろいろな情報... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 01:05
グランドホテル新高輪
 グランドホテル新高輪が、日教組の集会に対して会場を貸す契約だったのにも関わらず実際に使うのを拒否して、結果として日教組の集会が中止になりました。最低の決断ですね。芸能人の失言に突っ込みを入れるくらいなら、こういうところにきっちりと突っ込みを入れて欲しいものです。  この点には、三つの問題があると思います。  一つは憲法上の「集会の自由」の侵害であること。この点については、あえて言えば下手な右翼より悪いですね。読売新聞によると、右翼の中にはこうした集会に対する抗議行動を、自らの主張をするいい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/05 00:30
シーシェパードの振る舞い
 シーシェパードの構成員が日本の捕鯨船を妨害し、拘束されました。私自身、かなり動物好きですが、やはり、彼らの発言には一線を引きます。多くの日本人もそうでないかな?  でも、私としては、日本人も彼らを責められないと思いますよ。彼らの何が問題かと言えば、動物に対して何が残酷で何がそうでないかということが、個々の人間の価値観による相対的なものに過ぎないという現実を分かっていないということ。捕鯨反対の立場の人間は、鯨と他の生物の違いを知能が高いか低いかに帰するけど、そういう基準は考えて見れば、傲慢な話... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/18 00:10
JR東日本が蘇民祭のポスター掲示を拒否したことについて
 岩手県奥州市の黒石寺で行われる伝統行事「蘇民祭」のポスター掲示をJR東日本が拒否したそうです。その理由と言うのが、「胸毛などに特に女性が不快に感じる図柄で、見たくないものを見せるのはセクハラ」と判断したそうです。  ひどい話です。体毛が濃いのは男性特有の性質で、ごく自然な性差です。濃い薄いに個人差はありますが、濃い人の体を女性が不快に感じたとしたら、その女性の方がよっぽどセクハラですね。例えるなら、乳房があるのは女性の特有の性質で、大きさに個人差があります。男性がその個人差を取り上げ、貧乳女... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/09 23:49
新刊コーナーに「僕のなかの壊れていない部分」がおいてありました
 たまたま行った本屋で、白石一文さんの「僕のなかの壊れていない部分」が文庫の新刊コーナーにありました。ずっと前に出ていて、私は買ってあるんですが。  ネタバレにもなるし、書評っぽいことを書くのはあまり好きでないので、簡単に感想を書きます。これ、いい本です。お薦めします。普段ならとうてい手に取らないようなジャンルの本なのですが、当時の帯に「どうしてぼくは自殺しないのだろう?」とあったのに興味を惹かれて買ってしまいました。私などは、思い切り主人公に共感しまくって読み進めてしまいました。  やっぱ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 16:00
自由とは・・・
 読売新聞で「時代の証言者」という連載をしています。興味のある人については読むのですが、ここ最近は藤原正彦氏であったので、読み飛ばしていました。今日はなんとなく、読んでしまいました。  藤原正彦氏と言えば、ベストセラーになった「国家の品格」ですが、私からみれば突っ込みどころの多い本でした。唯一奥さんによる藤原氏評がかなり納得。奥さんが本を書いたほうがいい作品ができるのではないかと思いました。  そもそも私が藤原氏に悪印象をもったのは、読売新聞に寄稿した文章からでした。世の子どもの人権を守る風... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/22 21:41
発言にはご注意を
 内閣支持率低下、当然のことでしょうね。国会答弁はそれなりに切り抜けたようですが、「公約違反というほど大げさなものか」などという発言は致命的ですね。素直に認めればまだしもだったのに・・・。  ただ、ある意味本音かもしれません。それほど、年金問題に関する安倍首相を始めとした自民党の方々の発言は、選挙目当ての軽いものだったということでしょう。まぁ、安倍首相や枡添厚生大臣の言葉を鵜呑みにした人がいたとしたら、それはそれでどうかとも思いますが。「絶対もうかる」という儲け話みたいなものですから。  政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/18 00:29
北朝鮮の著作権料と従軍慰安婦
 なんか面白い事件があったので紹介します。  経緯は話せば長くなります。よく日本で北朝鮮のニュース映像が流れていますが、これは北朝鮮が国家として作成しているもので、あえて著作権者がだれかと言えば、北朝鮮政府になるそうです。ところが、日本の中で日本テレビとフジテレビが無断使用をしたということで、北朝鮮に訴えられたそうです。ちなみに、この事実はTBSのニュース23で知りました。事実関係としては、日本も北朝鮮も、著作権に関する国際条約ベルヌ条約に加盟しています。日本政府の見解としては、日本は北朝鮮を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/12/15 21:27
「あびる優を擁護します」について
「あびる優を擁護します」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/08 01:32
あびる優を擁護します
 若干、時期を逸したかも知れませんが、たまたま今日話を知ったので・・・  まず経緯を述べると、あちこちで話題になった女優の沢尻エリカが試写会で礼儀知らずの態度をとったことに対して、「エリカが普段ああいうコではないことは知っているし、原因はエリカにしかわからない。あの態度がよかったか、悪かったかは別にして、見えないところで悪口を書くのなら、外に出て太陽でも浴びたら、と言いたくなる」と言ったそうです。それに対して大きな批判が起こっているとのこと。  その批判の内容が笑止千万。あびる優さんは「あの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/06 21:00
ガソリンの値上げについて
 懐の痛むことです。私自身もそうですが、周囲でも嘆きの声は上がっています。でも、私は必ずしもマイナスと評価はしていません。  11月29日に石油鉱業連盟が世界の石油が枯渇するまであと68年という試算を出しました。もちろん、これはあくまでも試算で、実際にはそれ以上に長くなることもあるでしょう。ただそのときになって慌てるより、最悪の事態を今から考えていくことが大切でしょう。もし予想より長くもてば「ラッキー」ですし、楽観視して予想より短かったら目もあてられません。埋蔵量を悲観的に見たほうが、さらなる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 20:21
東国原知事の発言について
 宮崎県知事が徴兵制を肯定する発言をしました。その主旨は、若者に規律を守らせる機会が必要であるという主旨だったと後から弁解しています。  そもそも、徴兵制を本来の主旨である「国の防衛について必要な人材を集める」ということを抜きにして議論しても、全く無意味な話です。教育のために規律を守らせる機会が必要であれば、徴兵制ではない、そのために特化した機会を設けたほうが効率的でしょう。ましてや東国原氏は知事という立場で、本当にそういう機会が必要だと考えるなら、宮崎県の政策として打ち出すことが出来るはずで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 21:48
いじめに関する全国調査が発表されました。
 今回の調査は、調査対象が広がったり、定義が変わったりと、一律に今までの調査結果と比較は出来ないですね。  まず、いじめを発見した親の割合が少なかったですが、これについては、親はいじめの実際の現場とはもっとも離れていますから、ある意味しょうがないかなと思います。  「いじめ」の定義が変わって、「生徒がいじめを受けたと感じるケースをいじめ」という定義になったそうです。私個人の経験としては、前回までは私はいじめられたことがあると言えますが、今回からはいじめを受けたことがないということになりそうで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/16 20:59
クレーマー・クレーマー
 今日たまたまガイアの夜明けをちょっと見たのですが、クレーマーへの対応のことでした。私自身も仕事でクレームを受けることがあるのですが、うまくいったりいかなかったり、いやはや、難しいものです。  番組に話を戻しますと、番組が番組ですから、視点はクレームをうまくビジネスに利用するという感じでしたが、それでいいのかと、少し疑問も残ります。  モンスターペアレント、病院への理不尽な要求など、今問題になっているクレームというのは、ビジネスに利用するというレベルではなく、あまりにも理不尽なものです。その... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 00:09
11月4日付読売新聞「地球を読む」について
 今回は山崎正和氏でした。「地球を読む」ではよく書いていますが、正直、劇作家のこの人がなぜこのコーナーを担当しているかよく分かりません。もちろん、劇作家と言う肩書きであっても、書いてあることがなっとくできればいいのですが、疑問をもつことの方が多いです。  中国のスターバックス騒動に対する読売新聞の10月8日付けの記事が元になっています。その元の記事は、ネットの中で扇動者がいないのに世論が極端に形作られるということで、納得できるものなのですが、山崎氏はこれを先の衆議院議員選、参議院議員選に応用し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/04 21:17
三遊亭夢之助さんが手話通訳を邪魔扱いしたことについて
 島根県安来市で三笑亭夢之助さんが、ついた手話通訳に、「落語は話し言葉でするもので、手話に変えられるものではない」とか、「この会場は聞こえる方が大半ですよね。手話の方がおられると気が散りますし、皆さんも散りますよね」とか、数々の発言を繰り返し、結局手話通訳の方は舞台を降りて手話通訳を続けたと言うことです。(毎日新聞より) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 22:58
亀田兄弟騒動のまとめのようなもの
 この問題も一区切りついたかなと個人的には思います。  まず根本的なところですが、亀田家流パフォーマンスは嫌いです。正直見たくもありません。ただ、それはあくまでも私個人のセンスで、現実にそれを喜ぶ人がいる以上、そういうパフォーマンスもありかなと思います。今までのボクシング選手も、対戦相手をにらむなどの行為もありまして、個人的には不愉快でしたが(一応、私の頭の中ではボクシングは紳士のスポーツです)、自分を鼓舞する意味もあるし、しょうがないかなと思っていました。  それから、TBSが亀田兄弟を集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 23:19
最近、また裁判員制度の話題が出ているようですが
 導入が近くなってきたせいか、いろいろ話題が出てきているようです。水曜日のドラマ「相棒」でも取り上げていました。ネタバレになるからあまり詳しいことは書きませんが、ドラマに出てきた裁判長の台詞、ことごとく同感なんですよね。というか、常々考えていたことを、代弁してくれたと言ってもいいでしょう。  裁判員制度、本当に導入する必要があるのでしょうか? そもそもこの制度の話が上がったのは、なんだか忘れちゃったけどある殺人事件に対して言い渡された判決が、軽すぎると世論の反発を買ったのが始まりでした。しかし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 21:50
ETV特集「21世紀を夢見た日々」について
 教育テレビで、タイトルの番組が放送されました。いやぁ〜、感動で涙が出そうです。  私などはロートルなSFファンですから、放映された内容についてはほとんど既知の事実でした。しかし、一般向けにこのような番組を放映してくれるとは、NHKに感謝。この事実だけでも、私は生涯受信料を払い続けたいと思います(笑)。  内容については、日本の文化におけるSF作家が与えた影響というところでしょうか。見せる対象はむしろ、若い世代を意識していたと思います。私としても、今のオタクたちに基礎知識として知って欲しいこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/22 22:43
心配なこと・・・
 東京サマーランド内のムツゴロウ動物王国が閉園となるようです。  心配はしていました。  東京に出た理由は分かります。もともとムツゴロウさんの個性的なキャラクターで、テレビ番組にもなり、北海道で動物王国を続けていくことができました。ただ、縁起でもないかもしれませんが、そろそろ将来のことが気になっていたことでしょう。純粋な牧場経営では、いつまで続けてやっていけるかわかりません。テレビ番組をやらなくなった最大の理由は、やはり、ムツゴロウさんの年齢でしょう。  番組の最後の方では、ムツゴロウさん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 23:52
中谷元氏の発言について
 中谷元氏がインド洋上での給油に反対するのはテロリストなどと発言したそうです。困ったもんですね。  なにが悪いかと言うと、この発言からは「結論」に対する批判しかないからです。どんな議論であっても、大切なのは相手の結論に至る過程を考えることなのです。  もし、「インド洋上での給油に反対」という結論に至る過程が筋が通らないものであれば、反対する意見を受け入れないのは分かります。しかし、結論に至る過程が納得できるのに、結論だけを評価して相手をテロリストと断じるのはおかしな話です。中谷氏が給油に反対... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 21:20
10月13日付け読売新聞の社説について
 あいかわらず読売新聞は社説に妙なことを書くなぁ〜。  年金横領問題についてですが、主旨は年金を横領した人物を告発すべしということで、それ自体は、私とは違いますが、ひとつの意見として認めることができます。ところが、中に妙なことが書いてあります。 「さらに言えば、告発をかたくなに拒否するのは、今回あぶり出された年金保険料以外にも、税金や給付金などが横領され、告発しないまま済ませている案件があるからではないか。そう勘ぐられてもやむを得まい。  宮城県の村井嘉浩知事は、告発しない大崎市の姿勢に理... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/14 19:54
今日はいろいろと面白いネタが重ねて出てきました
 今日はネタがいろいろ出てきたので、まとめて書きます。  とうとう厚生労働省が告発しましたね。まぁ、すること自体は厚生労働省の判断で出来ることですが、忘れてはならないことは、この行為がまったくの無意味であるということです。お金の方は全額返されていますね。今回のことで年金財政が影響を受けるはずがありません。また、消えた年金問題の解消にも、なんの役にもたちません。見せしめとして、今後の年金横領を防げるかというと、それもまったくありません。枡添氏はひょっとしたら知らないのかも知れませんが、もう5年も... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/12 22:34
刑事訴訟法第239条 年金横領の告発について
「もともとの枡添氏の言いたいことはなんだったか」について  いやぁ、さすがに刑事訴訟法第239条の規定は考えてもみませんでした。テレビで専門家が触れているのを見て、これは私が間違っていたかなと思い、調べて見ました。  第239条の内容を簡単に言うと、 1、だれでも告発できる 2、公務員は職務上犯罪を見つけたら告発しなければならない の2点になります。  2をそのまま受け取れば、市町村は絶対に告発しなければなりません。  調べた中には、この2の部分の解釈はまず大きく2通りありました。「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 21:53
あえて日本相撲協会を弁護します。
 最近、日本相撲協会が叩かれてますな。私も、相撲協会を批判したことを理由に取材票を変換させた話については大いに怒った物です。しかし、最近の力士の暴行死事件にからむ批判についてはどうも首を傾げてしまいます。  まず、テレビ出演で龍虎氏がよく言っていますが、日本相撲協会は商店会の会長さんみたいなもので、各相撲部屋に指導などは出来ないし、理事が責任をとることはできないと強調しています。私も内部の実態は分かりませんが、その言葉を信じるなら、確かに相撲協会の理事が責任をとったり、協会が部屋の内情にそうそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/08 15:40
もともとの枡添氏の言いたいことはなんだったか
「枡添要一って、いったい・・・」について  私は10月4日に枡添氏の小人発言について批判する文章を書いた。私が発言のもとにした文章には、「小人の戯言に付き合っている暇があったら、もっと大事なことをやらないといけない」の「もっと」の前に「(私は)」と挿入してある文章だった。これは解釈がかなり限定される。  ところがここに来てネットを調べて見ると、枡添氏の文章の前に「私に対して言うよりも、不正を働いたところの首長に言いなさいということだ。」とあったことを強調して、小人は枡添氏自身のことを指してお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/05 21:38
枡添要一って、いったい・・・
 正直、現厚生労働大臣の枡添氏、こんなしょうもない人間だとは思いませんでした。  そもそも、年金横領の社会保険庁や市町村の職員を、過去に遡って全部告発しろなんて無茶もいいことです。もちろん横領は悪いに決まっています。ただ、過去に告発しなかったのは、それ相応の理由があったはずです。  最近、地元の群馬銀行で横領事件があったようですが、被害額が全額返済されたなどの理由で、犯人の告発を見送ったとのこと。民間でもこうした処理は普通にあることです。告発されなかったケースはほとんどの場合、横領された額は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2007/10/04 00:45
ニュース検定なるもの
 9月2日に、ニュース検定なるものが行われました。日々の時事ネタをどれだけ知っているかというもの。この日が記念すべき(かどうかは知らんが)第1回のニュース検定でした。  え〜、暇にまかせて私、のこのこ受けに行ってしまいました。現場には地元紙が取材にきていて、たまたま私は前の方でしたから、でかでかと新聞に載ってしまわないかと冷や冷や。で、結局それなりに大きく載ってしまいましたが、同僚にばれることもなく、今でも秘密は守られています。  私は昔から「勉強は試験のためにするもんじゃない」という信念の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/27 23:09
安倍前首相と新首相について
 一応まとめておきますか。安倍元首相の最後の挨拶を聞いて、あきれ返ってしまいました。在職中に自らの体調を述べるべきではないなど、どこからそんなルールが出てきたんでしょうか? 国会議員の進退は自らが決めるべきという発言もありましたが、勝手な論理を振りかざしてそれを人がどう思うかを考えないんでしょうか? 元の赤城農水相が絆創膏で突っ込まれたことをどう思っていたのでしょう。公的な立場の人間の健康状態って、国民にとっては重大な関心事なはずで、情報公開する義務があることだと思いますが。まぁ、合戦の最中の戦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/25 22:28
Q.E.D.証明終了
 連休は大人買いした漫画本を読むことで過ごしました。読んだのはタイトルにある本です。内容は「金田一少年の事件簿」以来の推理マンガです。この手のマンガは量産されてますが、個人的にはこれが一番お勧め。  私の漫画の買い方を披露すると、漫画雑誌は基本的に買っていないので、作品を知るきっかけは立ち読み。繰り返し立ち読みすると買いたいボルテージが上がっていきます。それが一定の基準を超えると買い始めます。ところが、この作品は1巻からおいてある本屋が近所になかなかないんですね〜。最近一箇所見つけたのでまとめ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 21:04
舛添厚労相がTBSに抗議したとのこと
 TBSのピンポンで民主党の議員が言いたい放題舛添厚労相を批判したところ、当の厚労相がTBSに放送法違反だと抗議したそうです。  まぁ、年金問題については、がんばってはいたと評価していましたが、今回の行動については、私は批判的です。放送法は確かに政治的な公平を謳っていますが、政治的公平って、そんなに簡単に崩れるものなのでしょうか? 今までも自民党議員がしょっちゅう報道に噛み付いていましたが、そういう人たちの頭には根本的に「メディアリテラシー」という言葉が欠けているように思います。  私は報道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/18 21:24
安倍首相の辞任について
 最近ブログに書いてないので、近頃のニュースをまとめて何か書こうと思っていたら、とんでもない話題が飛び込んでみました。おかげで書こうとしたことが吹っ飛んでしまいました。ある意味、これは小泉さん以上のサプライズ人事かもしれません。  なんでこんな時期に・・・誰もがそう思うでしょう。先の参議院選挙の敗退を受けてやめれば一応の理由はたちますし、もう少し先に延ばして、テロ特措法の結果を見届けてからでもよかったはずです。職責を賭けたはずなのにあっさりその職自体を放棄するのでは、ずいぶん掛け金として低い「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/09/12 21:53
橋下弁護士が母子殺害事件の被告の弁護団から訴訟を受けたことについて
 まずは訴訟された点を整理しましょうか。橋下弁護士自体が混乱しているようにも思えるので。  今回、原告が訴えたのは橋下氏が弁護士会への懲戒請求を扇動した点です。決して、弁護団を非難した内容ではありません。私個人は、弁護団の法廷戦術も一つの戦術として「あり」だと認めていますが、橋下弁護士のように、弁護団の法廷戦術を批判する意見も当然あると思いますし、それをテレビで披露することを悪いと思っているわけではありません。  しかし、今回のように、一般の人に懲戒請求を呼びかけることが正しい行為でしょうか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 22:24
テレビゲームの過去と未来(未来編)
 ようやく続きを書く意欲が湧いてきました。  前回の最後に、昔のゲームの理想像が今実現していると書きました。現実と見紛うばかりの3D表示(スプライト機能の利用、ワイヤーフレーム、お豆腐ポリゴンなど、昔は3Dにするためにいろいろな技術が使われていました。)、実際の音を再現できる音源(BEEP音源、PSG音源が懐かしいですね。)、扱えるデータ量など、素晴らしいものです。  ところが、理想像が実現したはずのゲームも、実は理想像自体が間違っていたのかも知れません。ゲームの面白さの本質は、映像表現でも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/02 22:20
防衛省のどたばた劇について
 後任の防衛大臣が決まらないうちに書いちゃいましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/27 00:21
明日には続きませんでしたが・・・
 もう少し靖国問題のことでも書いてみます。  一部で、今年の終戦記念日の閣僚の参拝が少なかった理由を、昭和天皇がA級戦犯の靖国合祀に不快感を示したという文書の発見に求めた意見がありました。ことはそれほど単純ではないでしょうが、その文書はそれなりに社会に影響を与えたようです。  昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感を示した理由は、A級戦犯が本来祀られるべき英霊ではないということと、太平洋戦争時にかかわった国との間に禍根を残すということでした。もののみごとに、総理大臣の靖国参拝に反対する立場の多くの人... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 53

2007/08/19 02:00
終戦記念日に寄せて
 毎年同じような発言を繰り返すことになってしまうかもしれませんが、書いておきましょう。  今年はインドのパール判事に注目が当たっているようですね。パール判事の東京裁判での発言は基本的に正論だと思います。事後法で裁くことを禁止するのは、非常に合理的ですし、国家はぜひその原則をとって欲しいものです。しかし、それを取り入れている国家の中ではその原則は有効ですが、それを取り入れていない国家の中ではまったく無効です。東京裁判の場合、そもそもそういった裁判所がとるべき原則自体が曖昧です。一応国際法というも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/15 23:08
西岡武夫参院議院運営委員長が参議院でのクールビズ廃止を提案したことについて
 改革は大いに結構ですが、改革するにあたってはきちんと既存の秩序がどう出来上がってきたかを考えるべきでしょう。なによりも、西岡氏の発言自体にクールビズへの評価がないことが解せません。クールビズを取り入れたことには立派な意義があります。それを考えた上で、西岡氏が「参議院を見学に来る子どもが制服を着ているのに議員がリラックスをしていていいのか」という主張を展開しているのならいいのですが・・・。  そもそもリラックスするためにクールビズをしているわけではないはずです。本来の意義を忘れているとしたら、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/08/11 23:44
後悔はしなくてもいい。同情はしろ。
 「後悔も同情もしていない」日系の映画監督がとった原爆の映画のなかで、実際に原爆を落としたと思われる兵士の言葉です。その兵士に対して言いたいことが、タイトルにした言葉です。  「原爆がより多くの犠牲者を減らした」この場ではこの言い分の是非を問うことはとりあえずおいておきます。世の中には、たとえ非情であってもやらなければならないことはあるでしょう。私個人は原爆投下がそうだったとは思いませんが、アメリカ側の兵士が原爆投下をそういうものだと思っているなら、後悔していないということはあるでしょう。しか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 00:09
自分を振り返ってみたほうがいいんじゃない?
 ホームレスに対して暴行を繰り返した少年がまた捕まりました。お決まりのように彼らの言い分は、ホームレスはゴミだから死んでも構わないと言ったそうです。しかし、本当にゴミで死んでも構わない人間がいるとしたら、「平気で人を傷つけ殺す人間」でしょう。ホームレス以上に犯行を起こした少年の方が死んでも構わない人間に近いでしょう。まず自らを攻撃してもらいたいですね。私個人としては、死刑は望んでいないので、被害者は少年に対してしっかりと損害賠償の民事訴訟を起こして欲しいですね。場合によってはそれによって、被害者... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/07 21:22
従軍慰安婦問題、米下院本会議での議決と、選挙後の自民党
 まぁ分かっていたことですが、従軍慰安婦問題に関する決議が米下院の本会議で可決されました。つくづく日本側の対応がまずかった結果だと思います。この問題について、今まで何度も取り上げられましたが、そのたびに否決されてきました。今回何が違ったかというと、安倍首相の不用意な発言と、一部の有志が出した広告の存在でしょう。少なくとも、安倍首相の発言前には賛成議員があまりおらず、安倍氏の謝罪後沈静化したものが、広告によって再び盛り上がってしまったのは事実です。動機がなんであろうと、評価は結果が全てと言わざるを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/05 21:41
楳図かずお邸の住宅差し止めについて
 この問題、実は結構難しい問題だと思います。景観を損ねているか否かは、結局はセンスの問題ですから。  同じように景観で物議をかもし出したのがイタリア文化会館です。そっちの方は私も実物を見たことがあるのですが、別に周囲の景観を損ねているとは思えませんでした。理由はとても簡単。「周囲の街並み自体に調和がないから」です。もともと雑然としたところに、一個くらい目立つものがあっても、私は特に違和感を感じません。私の好みはどちらかというと、整然と同じものが並んでいるより、個性的なものが集まってなんとなく調... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/08/03 21:01
参議院選の結果について
 まず安倍総理大臣が続投することについては、「勝手にしてください」というところです。参議院議員選挙で自分の党が負けたからと言って、総理が辞職する必要がないのは事実です。ただ、それを「民意が自分にない」と解釈して辞職するのが悪いわけではありません。それも一つの選択でしょう。  首相という立場ではそうですが、日本の首相は実質与党の総裁ですから、選挙に負けたことで総裁としての責任を問われるのはやむをえないでしょう。しかし、私は自民党員ではありませんから、それについてとやかく言う筋合いはありません。自... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/31 22:35
北朝鮮に誤ったメッセージを与える・・・
 とても情けない意見が出てきているようです。日本が安倍政権でなくなると北朝鮮に誤ったメッセージを与えるそうです。こんな意見を自民党内部からあげるとは、呆れてものが言えません。今の時点で北朝鮮が選挙結果をどう評価しようが、ほおっておけばいいのです。  もちろん、選挙において外交は重要な争点です。ぜひ、各党が具体的な政策を出してぶつけて欲しいものです。北朝鮮が誤ったメッセージを受け取っても、選挙後の具体的な外交政策で思い知らせてやればいいのです。現在北朝鮮がどう受け取るかは、気にする必要はまったく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/26 22:13
少し遅いかもしれませんが、朝日ソノラマが営業を停止します
 前に書いた清水義範氏の著作も朝日ソノラマでしたが、私には非常に思い出深い出版社です。  クトゥルー神話を初めて知った風見潤氏のクトゥルーオペラ。  仁賀克雄氏のクトゥルー神話の翻訳の復刊や、ロバート・ブロック、C・Aスミスの翻訳もありました。  光瀬龍氏のジュブナイルもほとんどソノラマ文庫で読んだと思います。その昔雑誌りぼんには小説が載っていたことを初めて知りました。  菊池秀行氏の魔界都市新宿はやっぱり面白かったですね。最近単行本化したトレジャーハンター八頭大のシリーズは友達に借りて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/23 00:25
犯罪・裁判・刑罰
 タイトルのことについて、基本的なところからまとめて見ます。  まず、最近よく問題にされる「少年法」の問題です。基本的な事項として、「少年は未熟である」と「少年には可塑性がある」という点はまったくの真実です。少年法というものができたのはここに根拠があります。今、少年事件が話題にされるのは、ある意味不公平な話です。現実に少年事件が増えているという事実はありません。凶悪事件に限っても同じです。ただ、マスコミが少年事件をおおげさに取り上げ、実際受け入れる視聴者も過剰に反応しているだけです。マスコミの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/14 22:50
戦略ミスと戦術ミス
 従軍慰安婦をめぐる対日決議案が米下院外交委員会で採択されました。今回はこれについて、従軍慰安婦があったかなかったかの議論は保留した上で、あくまでも日本の戦略の観点から述べてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/29 00:43
なぜ日本人は劣化したかを読んで
 香山リカ著で、講談社現代新書から出ています。内容的に前に紹介した「大人がいない・・・」とかぶる面があると思います。  全体的にかなり私と意見が一致しています。私が過去にブログで書いたこともちらほらあります。いくつか気になる点があります。多少テーマに合わせて強引に展開している面がありますか。香山氏はベストセラーになった「なぞる本」を「活字の劣化」の項目に入れています。個人的には、これはあくまでも読書ではない新しい楽しみと考えているので、読書の範疇にくくらなければいいことだと思っています。ただ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 01:25
国別の自尊心に関する実験について
 タイトルのような調査が、東大とハーバード大、華東師範大などの研究チームによって行われました。従来の方法と違う形で実験したところ、日本人の自尊心が中国、アメリカと同程度というけっかがでました。従来の方法では、日本人が低かったとのこと。  従来の方法だと、謙譲を美徳として自己主張をしない日本人の自尊心が表に出てこなかったのだと予想されます。実験を行った山口勧教授は「日本人は自尊心が低い」という欧米人の偏見を解消できると話したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/15 23:01
論点て大切ですね。
 つくづく思うのですが、世の議論は論点を整理することをおろそかにしているような気がしてなりません。例えば、靖国問題でしばしば聞かれるのが、「戦没者を慰霊するのは当然のことだ」という言葉ですが、これは完全に論点がずれています。靖国問題での論点は「慰霊の是非」ではなく「慰霊の形式の是非」です。「無宗教の慰霊施設を作ろう」という考え方は、決して慰霊を否定しているわけではありませんね。また、卒業式の国歌斉唱などの拒否も、やはり論点を整理した方がいいと思います。「国旗・国歌自体の是非」、「国旗・国歌が日の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/12 00:17
反日マンガの世界を読んで
 個人的には「反日」だの「売国」だのという言葉を平気で使う人間しょ〜もないやつと思っていましたが・・・。この本を読んでさらに確信しました。  まず、プロ2ちゃんねらーなる中宮崇氏の文章。「この人の他人に対する評価が全て正しいなら、それはすべて自分に帰ってくるじゃん」的な自分のことを棚にあげまくった内容に思えるのですが・・・。具体的にいろいろ批判してもしかたないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/06/09 01:11
新しい歴史教科書を作る会と扶桑社が決別したことについて
 この事実自体は扶桑社の営業戦略的な理由ということでしょうか。別な執筆者で教科書自体は作るようですが、意味があるのかどうか疑問なところです。作る会側が次の出版社を募集するのはまあ、団体としては妥当なところでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 21:42
とってもマニアックなところへつっこみを入れます
 私は田中芳樹氏の作品が基本的に好きです。けっこうにやにやしながら読んでいます。でも創元文庫版マヴァール年代記(全)あとがきの、ファンタジー書評批判には大いに異論があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/02 21:49
光母子殺人事件の差し戻し審と中国の動物園
 このネタ、実は書こうかどうか迷いました。気持ちとしてはとても書きたかったのですが、ちょっと書くのをはばかれるような事情がありました。ぶっちゃけ、被害者の夫であり父親である本村氏が嫌いです。なぜ嫌いかといえば、事件が起こった直後あたりで、「私は人の尊厳が分かりません」(ちょっと記憶で書いています。そんなニュアンスの発言でした。もし間違っていたら指摘してください。)という発言がありました。はっきり言って私の逆鱗に触れました。そんな人間が犯人を非難する資格はない。むしろ犯人と同類だろうと。  それ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 9

2007/05/25 22:34
ヤンキー先生の指摘は果たして正しいでしょうか?
 ヤンキー先生として知られる義家弘介氏が国会内で講演し、こどもが携帯を持つ前に道徳教育をすべきだと主張したそうです。その中で携帯やネットが普及したことが「大人が情報を分別して有害なものを子どもから遮断できた時代から、子どもが直接、携帯から『出会い系』『自殺奨励』などの有害サイトに触れられる時代になった」とのこと。  ほぼ私と同級生なはずなのですが、このコメントに疑問を感じます。確かに私の子どものころにはインターネットなどは普及していませんでしたが、子どもに対する情報のシャットアウトはむしろおお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/12 00:11
嫌煙を正当化するな
 中日新聞が名古屋のタクシーの全面禁煙に否定的な意見を掲載したところ抗議の電話が多くいったそうです。  正直、一部の嫌煙家の行動には目に余るものがあります。  もちろん私もタバコに害があることは認めます。しかし、体に悪くても自己責任でタバコを吸うのは個人の自由でしょう。肺がんなどのリスクが高まり医療費がかかるというのは、適度な喫煙を促す程度でいいでしょう。多少は他人の嗜好をも尊重すべきです。間接喫煙については、分煙というルールをきちんと守ればいいのであって、選択の余地のない全面禁煙については... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2007/05/10 22:12
安倍首相の供物奉納について
 とてつもなくくだらないことをしてくれましたね。こんなくだらないことをするならば、どうどうと参拝をするほうがましなくらいです。今回の行為、参拝することと問題点は一切変わりません。そのくせやってることが影に隠れているという一層悪い印象を与えるだけです。「姑息」この言葉にこんなにふさわしい行為はなかなかないでしょう。「新しい参拝の形」そんな言葉で褒めている政治家がいましたが、ギャグ以外のなにものでもありません。今回の行為が参拝ならば、まったくなんの解決にもならないに決まっているじゃないですか。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/05/08 21:49
公費懸賞金制度がスタートしました
 公費懸賞金制度がスタートしました。現状が変化した以上、こういった制度が導入されるのはやむをえないでしょう。しかし、そのマイナス面は忘れてはいけないと思います。単純な話、善良な市民が賞金の有るなしに関わらず自主的に捜査に協力するのがベストです。余計な税金がかからないわけですし、賞金のかかったケースとかからなかったケースによる不公平感もないでしょう。出てくる情報にも「金目当て」と言ったフィルターがかかってしまうかもしれないし。  もちろん、こうした制度が導入されたことの問題点を、被害者の遺族など... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/05/01 23:39
昭和の日!?
 今日は昭和の日だったのか・・・。ひょっとしたら祝日法改正のニュースは見ていたのかもしれないけれど、ぜんぜん覚えていませんでした。  でも、昭和の日になんぞする必然性を感じないんだけど・・・。平成と昭和って、そんなに明確な区切りではないと思います。本当に天皇が代替わりしたというだけの話で。「みどりの日」として今までそれなりに定着してきたのに、なんでわざわざ変えるかなぁ〜。  4月29日付けの読売新聞の社説で、左翼勢力のせいでみどりの日になっちゃったけど昭和の日が本筋みたいなことを書いていまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/29 20:59
集団的自衛権の問題と、反日教組まんが
 集団的自衛権に関する有識者会議において、安倍首相は憲法解釈見直しについても検討を求める意向を表明したそうです。「なにそれ?」っていう感じです。そもそも安倍首相が目指していたのは憲法改正でしょう。それが実現できるなら、今更解釈改憲など無意味でしょう。どっちかにはっきりしてほしいものです。従来のように解釈改憲を続けるなら、憲法改正する必要はないでしょう。そもそもなぜ憲法改正を目指すかという理由のひとつに、解釈改憲の限界というものもあるはずですが。  個人的な意見をいいます。必要があるなら、憲法は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/04/24 22:05
従軍慰安婦問題についてちょっとまっこうから述べてみます
 段階を踏んですすんでいきましょう。まずは、恐らく誰もが同意できる事実から ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 8

2007/04/21 01:51
国民投票法について
 国民投票法の中でとても気になるところがあります。それは投票率によって無効になるラインを設けるかどうかです。個人的には、設けるべきではないと考えています。投票をしないというのも実は一つの選択であって、結果としてその結果日本が悪い方向に向かったとしても、それがほかならぬ日本国民の選択であって受け入れるべきだと思います。  とは言うものの、投票率が(最初くらいは高くても)低いことを予想していますし、与党などは国民の沈黙をこそ期待していると思うので、現実問題としては無効になるラインがないと大いに不安... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/18 00:12
300日特例法の見送りについてと国民投票法
 離婚後300日以内に出産した子を一律に前夫の子とする民法規定を見直す特例法案の今国会提出が見送られました。きちんとした理由があればいいのですが、法相の言うような貞操義務や性道徳の問題は理由にならないと思います。そもそも、民法がこのような規定になった背景に貞操義務や性道徳はないでしょう。単に子どもの実際の血縁関係を証明するのに、DNA鑑定のかけらもなかった時代にはそういった形で推定せざるを得なかっただけでしょう。焦点はあくまでも子どもの人権にあったと思います。ところが昨今、医学の進歩で早産でも子... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/04/13 00:30
読売新聞、憲法改正の世論調査の結果について
 気になるところは何点かありましたが、概ね真っ当な結果が出ていると思います。現憲法には改正する必要があるかもしれませんが、今まで立派に役目を果たしてきたことは確かです。声高に叫ばれる現憲法を強く否定する論の影響が少なかったので、そこに危惧を抱いていた私としては、まず一安心です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/06 22:38
安倍総理の逆質問が増加したとのこと
 なかなか興味深いニュースですね。  逆質問て、絶対に悪いとはいいませんが、出来るだけ避けるべきだとおもいます。なぜなら、結果として自分の考えを述べていないからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/03/23 22:46
松岡農相の発言に思うこと
 まず疑問に思うことは、「政治資金規正法の虚偽記載って、刑罰があるのに警察が動けないんだろうか?」ということです。らちの明かない国会質疑を繰り返す前に、刑事告発はできないのかな?と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2007/03/20 23:50
久々に坂東真沙子氏の話をぶり返して見ましょう。
 3月16日付け読売新聞の環境ルネサンスというコラムで、捨て猫の話題が取り上げられていました。現在猫の殺処分数が増えているそうです。ペットの殺処分は自己責任が原則の国が多いということです。コラムの中の、東京大学の獣医学林良博教授の言葉を引用します。「欧米では、飼い主の胸に抱かれた犬や猫に獣医師が注射を打つ。日本では73年動物愛語法で飼い主の責任が強調されたが、行政任せのやり方は社会が未成熟な証ではないか」  ここで坂東氏の行為を振り返ってみると、現実に生まれてしまった育てられない子猫を自己責任... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2007/03/17 10:29
インターネットは便所の落書き
 その昔ニュース23で、筑紫哲也氏がタイトルのとおりのことを言って、ネットに関わる人間から非難を受けました。少なくとも私の記憶では、筑紫氏は「と言われることがあります」のような引用の形で言ったので、私の記憶が確かならば筑紫氏を責めること自体がお門違いに思うのですが、まぁ、ここではそれをおいておくとして。私自身はインターネットは便所の落書きという指摘は正しいと思っています。インターネットと便所の落書きには、少なくとも三つの共通点があります。「不特定多数が見ること」「匿名であること」「書いた人間が責... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/03/15 00:26
映画「日本の青空」を知って考えて見ました
 かつて、私は日本の憲法が押し付けであることを恥じていました。と言っても、今の押し付け論とは違う観点です。私自身は今の憲法を昔も今も高く評価していますから、素晴らしい憲法を外部からの押し付けによってでしか得られなかった日本を恥じていたのです。  この認識が変わったのは高校のときです。別な場所でも書いたのですが、高校の先生から、実は日本人の中から生まれた憲法草案の中には、今の憲法のほとんどの概念が入っていて、GHQも驚いたという事実を教えられたことがきっかけです。それ以来、私は今の憲法を日本人の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/03/13 00:40
従軍慰安婦問題への対応について
 自民党有志並びに総理の対応にはあきれ返るばかりです。  もちろん従軍慰安婦問題について真実を調査するのに異議はありません。しかしこの時期、自民党有志のいうように従軍慰安婦に対する軍や政府による強制はなかったという前提をなぜ持ち出すのでしょうか? たとえ内心どう思っているにしろ、建て前はあくまでも「真実を明らかにするため」としておくくらいの知恵がなぜ働かないのでしょうか? 最初から前提をつけてしまったら、たとえきちんとした調査をしても「真実の歪曲を目指したもの」と評価されてもしかたないでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 3

2007/03/09 01:04
テレビネタをふたつ
 今日のテレビ朝日の「相棒」最高でした。隅から隅まで気を使った脚本には本当に頭が下がります。内容も昔ながらの映画好きにはたまらない話でした。もっとも、私も昔ながらの映画好きのなかでは比較的新しいほうでしょう。でも、指定でない座席で、入れ替え制ではない映画館を経験していますので、今では「昔ながら」と言っていいと思います。ネタばれになるので細かいことを言えないのが実に辛い。  もう一つ、「全国霊感商法対策弁護士連絡会」が、テレビの霊能番組を、霊感商法の下地になっているということで、民法とNHKに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/03/07 23:26
今のアメリカの事情
 今、アメリカでは、イラクから撤退すべきか、増派すべきかが議論になっています。ただ、どちらの立場も、「自分たちは国のためにこうしたほうがいいと考えている」と言っています。対立する意見のほうも、そのことは認めているようですね。すごく当然のことですが、ともすれば誰もが、自分の意見こそ国のためと決め付け、対立する意見を国のことを考えていないと評価するものです。アメリカですら、イラク戦争が現在進行形のときは、戦争に反対する人間を非国民扱いしていました。  日本について極論を言えば、天皇を専制君主に祭り... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2007/03/04 21:26
君が代伴奏を拒否した教諭の裁判が確定することについて(続)
「君が代伴奏を拒否した教諭の裁判が確定することについて」について  予想どおりの判決が出ました。判決の内容自体は、まぁ、しょうがないかと思いますね。恐らく、教員自体もこの判決は予想していたでしょう。そしてたぶん、地裁で同様の事例を憲法違反という判決を下した裁判官もですが。焦点となった教員の処分自体はすでに終わっていることと思いますので、教員自身のの法的な問題はすでにクリアしているはずです。ただ、この問題提起は無視してはいけないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2007/02/28 00:32
君が代伴奏を拒否した教諭の裁判が確定することについて
 時期柄、このネタも近々書けると思っていました。今日、新聞にこのことが載っていたので、これについて書こうと思います。事実の経緯は省略。それぞれが御自分で調べてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/22 00:16
キャプテンフューチャー全集を読んで
 まずは懺悔から始めねばなりますまい。私はキャプテンフューチャーを過小評価していました。そもそも私とキャプテンフューチャーの出会いは小学校の時図書館で借りた岩波書店のこどもSFシリーズの「コメット号時間作戦」でした。訳者はこども向けのSFを数多く手がけた福島正実氏。氏の抄訳は見事。子どものときに読んだやはり岩波から出てたハインラインの「宇宙怪獣ラモックス」や、「夏への扉(こっちは当時のタイトルを失念;;)」を成長してから大人向きのものを読んだところ、まったく違和感がない・・・。このときは、素直に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/18 21:04
柳沢厚労相の「健全」発言について
 柳沢氏がまた問題発言をしたようです。前回の「女性は産む機械」発言はむしろ弁護側に回ったわけですが、今回の発言については非難する側に回ります。今回の発言の方が問題でしょう。「産む機械」の方はむしろ取り消す必要がありません。今回の発言こそ取り消すべきです。  まず、一応少し弁護するところは弁護しておきましょう。少子化問題を考えるにあたっては、一人の女性が3人以上の子どもを産まなければ解決することができません。(一応注釈をしておきます。本来なら女性限定の表現をせずにおきたいところですが、そうすると... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 14

2007/02/08 00:15
「女性は産む機械」発言について
 今日は世間にけんかを売っちゃおうと思います。まず柳沢厚労相の発言に対する評価ですが、少なくとも文脈をきちんととらえれば単なるたとえ話です。今までも数々の政治家の発言が問題になりました。それらについては私もほとんど眉をひそめたものですが、今回については突っ込むほうが悪いと思いますね。たとえ話にマジで突込みをいれるのはおかしいと思います。私には柳沢氏が普段から女性の人格を無視する思想を持っていたとは思いません。本当に話を分かり易くするために出した例え話で、その意図を逸脱するようなものではありません... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

2007/01/31 22:27
イース・オリジン
 たった今イース・オリジンをすべてのキャラでクリアしました。かつてイースI・IIにはまった人たちにあえて命令形3段連続攻撃使います。「買え!やれ!泣け!」  以下、一応気をつけるけどネタバレ思わず出るかもしれないので注意。  いや〜。イース2のラストシーンはマジ泣きしたけれど、それを踏まえてイース・オリジンはさらにぼろぼろでした(注釈。私は1・2はPC-8801版をやりました。かなり歳がばれますが・・・。)。く〜。レア様にこんな過去があったとは・・・。正直、1・2ではいまいち印象が薄かったレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/28 03:00
あるある大辞典の騒動について
 このことについて、テレビ局などの関係者には多くの人が批判をしているので、それについては他の人にまかせます。でも、私個人としてどうしても批判したい人がいます。  それは視聴者。テレビでなにかがいいと放映されたからと言って、飛びついてはいけません。今回のようなことはありうるのだということをむしろ意識して、ちゃんと自分で判断する力を持ちましょう。「番組に騙された」、はたしてそうでしょうか? 私も視聴者の一人としての立場で言いますが、騙される方も悪いでしょう。そもそも、ダイエットに効果があるという情... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/22 22:44
6カ国協議は案の条の結末でした
 6カ国協議は進展のないまま終わりました。ここで持ち出された北朝鮮の核武装を正当化する理由って、日本の「日本核武装論者」の多くとほとんど変わりません。「日本が核武装すべし」と言う人のほとんどは、まず北朝鮮の核武装を認めないといけないのでは?と思います。もしも「核の抑止力」という神話が現実のものならば、北朝鮮が核を持っても、北朝鮮が核を撃つはずがありません。なんら慌てる必要はないでしょう。北朝鮮の核武装を認めた上で、日本の核武装を主張すればいいのです。核の抑止力など、実はあてにならないと誰もが分か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/24 21:12
教育問題いろいろ
 私自身はもし教員免許が更新制になったとしたら、改めて講習を受けて勉強しなおすのも面白いかなぁーと思っているのですが、実はその恩恵はあまり受けられそうにありません。法律の基本原則のひとつに、不利な改正は遡れないという原則があるからです。その原則が守られれば、現職の教員の免許は今までどおり有効なのです。もっとも、今はいろいろな原則が破られている時代ですから、この原則が保たれる保障はありませんが。ただ、この原則自体は、一般の国民にとってもとても大切なものです。極端な例を言いますと、この原則が崩れた場... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/21 23:36
「「葵さんへの反論」について」について
「「葵さんへの反論」について」について  なるほど。最初に受けた印象より、しっかりとしたお考えを持った方のようですね。誤解していたことを謝罪します。  まず、TBは失敗したわけではありません。認証ということだったので、掲載されるかが曖昧ですから、コメントを書いた上で自分のブログへTBを張ったほうが、反論を公開することを確実にできると判断したからです。今回は素直にTBさせていただきます。  教育基本法の愛国心の部分について申し上げます。「法律が強制力をもつ」これは紛れもない事実です。もちろん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

2006/12/14 00:52
葵さんへの反論
「「「なんだかなぁ〜という感じで読売新聞の教育現論を批判して見ます」について」について」について >反対者の危惧している愛国心の押し付けについてどう考えているのかまったく分かりません。  これは単に、説明しろと言っているだけです。改正案の条文が押し付けであると評価しているわけではありません。もっとも、自民党案は民主党案より押し付けの印象が強いという評価をしているのは事実ですが。 ><愛する>という心の問題は、押付けられるものではありません。愛国心を戦争と結びつける人が多いのですが、時代錯誤... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/12/13 01:55
「「なんだかなぁ〜という感じで読売新聞の教育現論を批判して見ます」について」について
「「なんだかなぁ〜という感じで読売新聞の教育現論を批判して見ます」について」について  まずはトラックバックありがとうございます。 > 現行の教育基本法が、我が国の伝統や文化の継承という民族の根源となるものを否定し、「個人」「個性」ばかりを強調したものであることに異論を挟むものはいないだろう。  大いに異論をはさませてもらいます。現行の教育法が個人、個性を強調していることは認めますが、民族の根源を否定しているとはまったく思っていません。よろしければ、具体的に何条の条文が民族の根源を否定して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/12/10 21:03
なんだかなぁ〜という感じで読売新聞の教育現論を批判して見ます
 読売新聞に隔週で教育現論というコラムが連載されているんですが、12月10日のものは呆れ気味に読みました。ネタは教育基本法ですね。  まず私自身の教育基本法改正に関するスタンスを言っておきますが、「必要ならば改正することに反対はしないが、現在の教育上の問題の解決にはなんの役にもたたない。現在の教育上の問題を解決したいなら、つまらないことにエネルギーを費やすな」という意味で、教育基本法の改正にはいささか消極的に反対です。  そこで今回のコラムに話を戻します。筆者の勝方信一氏は改正案の確信を「「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/09 23:04
教育基本法と防衛庁の昇格
 この両者があっさりと決まってしまいそうですね。この手の問題で変だと思うことは、推進する政治家なり、論者なりが、マイナス意見を解決しようとしないことです。例えば、教育基本法の愛国心については、ただ「愛国心をもって当たり前」と言うだけで、反対者の危惧している愛国心の押し付けについてどう考えているのかまったく分かりません。防衛庁の昇格にしても、反対の理由である「昇格してもシビリアンコントロールがうまく働くのか」といった疑問に対する答えは出ていません。いくらメリットを言われても、デメリットについてなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/04 00:44
安倍首相の国旗・国歌についての答弁、崖っぷち犬、夕張市
 安倍首相の国旗・国歌についての発言に呆れました。日本はこんな方向に進んでしまうのでしょうか? よく、国旗・国歌に反対する意見があるのは日本だけだと言われますが、まさにそのとおり。日本は国旗・国歌に反発をするような独自の歴史を経験をしてきたのです。他国と違う経験をしたことは良かれ悪しかれ日本の独自性でしょう。日本を誇ろうと主張する人が、日本の独自性を否定するのでは話しになりません。戦前、戦中、戦後という教師の立場を考えれば、戦後の教師の国旗・国歌に対する考え方が否定的になるのは無理のない態度だと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/11/23 20:54
読解力その4
 最近、実生活でも読解力に対していろいろ考えてしまう出来事がありました。  そもそもコミュニケーションて、「伝えたいことありき」だと思います。伝えたいことを持った人がいて初めてコミュニケーションが始まるのです。伝えたいことを持った人は当然のことながら、それを正確に伝えるように言葉を選びます。ただ、ここで注意しなければならないのは、「正確」=「分かりやすい」とは限らないのです。分かり易い表現を使うことで、かえって正確なニュアンスを伝えられなくなることもあります。結局はバランスですが、どちらかとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/19 20:28
13日のNEWS23について
 私はNEWS23を好きで良く見ます。かゆいところに手が届くような絶妙な特集を組んでくれるところを評価します。筑紫氏に批判的な意見も見ましたが、個人的には批判するほうがすじは通っていないと思うものばかりですが。まぁ、私自身も、時々舌が回らないことがある筑紫氏を心配はしているのですが。  この日の特集は素晴らしいものでした。まずは自殺報道について。自殺報道は報道の仕方によっては連鎖を起こす。このことをオーストリアの事例を出して紹介していました。いじめ自殺をセンセーショナルに取り上げたテレビが多い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/11/15 22:56
アメリカの中間選挙の結果とイラク戦争
 中間選挙の結果を受け、アメリカではイラク戦争の見直しを行い始めました。結果としてイラクが大量破壊兵器を持っていなかったこと、占領政策がうまくいかなかったこと、問題はいろいろあるでしょうが、それらは事前に警告されたことでもあったと思います。  大量破壊兵器については、ないと決め付けた者は当のイラクを除けば誰もいなかったでしょう。武力攻撃するにも、その正当性を増すためにNPOの調査報告を待てというのが、フランスなどの主張だったと思います。すごく真っ当なものでした。  戦後処理については、日本の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/13 01:05
日本の核武装論
 なんか最近の状況を見ていると、中川氏批判派と擁護派の間の意思の疎通がないようなので、おさらいしておこうと思います。  まず中川氏批判派のひとりとして言いますが、別に核について議論することが悪いと言っているわけではありません。これは他の批判派も同じだと思います。あえて言葉にはしていませんが。擁護派の方は、そのところを誤解ないようお願いします。私などは中川氏を批判するにあたり、「言論の自由を侵害している」という批判が来ることは想定していましたので、「日本の核武装を議論すること自体は悪くないと思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/09 00:53
中川政調会長の核武装論
 中川氏があちこちで自説を披露していますが・・・。まぁ、日本の核武装を議論すること自体は悪くないと思いますが、戦略的に見れば日本が核武装をしないほうがいいことは、議論の余地がないほど明白であると思います。そういう現実の中で、核武装を議論することが必要などと主張することに正当性があるんでしょうか?  マスコミが中川氏を批判的に取り上げるのも、決して言論の自由を封殺するためではなく、現実を見据えた結果だと思いますので、勇気を持って中川氏を批判して欲しいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2006/11/01 00:41
単位未履修問題その3
今回はちょっと教師の理想について考えを述べて見たいとおもいます。  10月30日に保守派による教育問題の研究会かなにかをやって、その中でだいぶ日教組が叩かれたみたいですね。でも、現実には日教組の組織率自体大幅に下がっているし、その中でいまさら日教組を叩く必要が本当にあるのかなと思います。もっと具体的に教育をどうすればいいかの議論にエネルギーを向けて欲しいものです。仮に日教組が時代遅れとするなら、それをいまさら責める立場に立つ人間も、同レベルに時代遅れだと思うのですが・・・。  こんなことを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/31 01:03
単位未履修問題その2
 まず、今回の問題に対する評価で、高校のカリキュラムがどうあるべきかとか、受験のあり方とかの問題点を指摘することにはむしろ私は否定的です。今回の問題は学習指導要領以前に学ばなければならない大切なこと、「ルールを守る」ということに反しています。カリキュラムとか、受験とかを見直すことは必要でしょうが、それは今回のこととは別に当然のこととしてやっていけばいいことでしょう。今の制度が不都合だからと勝手な解釈でそれを破ることが、今の社会で許されることなのでしょうか? 今回の問題を起こした学校に弁護の余地は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/10/29 01:59
単位未履修問題
 あちこちの高校で必須科目の世界史を取らせず、卒業できないかもしれない3年生がいることが問題になっています。  そもそもこういうことになった理由が情けない限りです。受験に関係ない科目をやりたがらない生徒がいるからというのがその理由ですが、それこそ本末転倒でしょう。受験のために勉強をするのではありません。勉強の結果を受験で評価するのです。生徒(そしてたぶんその保護者も)がいうのはまだしも、教師の方はそんなことを言われたら、諌めるのが本当でしょう。  私などは受験戦争華やかりし頃、自分の思想に忠... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/10/26 00:44
ムツゴロウ動物王国の経営危機について
 まだちゃんとニュースを見てないのですが。サマーランドのムツゴロウ王国に問題があるようですね。出来たときから、少し心配していたのです。広島の例といい、動物関係のテーマパークは難しいです。もともとムツゴロウさん個人のキャラクターに影響されていた面がかなりありますし。現代の日本では、むしろムツゴロウさん自身が受け入れられないのかも知れません。  個人的な推測と断っておきますが、むしろムツゴロウさんは坂東氏の考えをある程度容認すると思います。また、ムツゴロウの動物王国として放送した最後の方の回では、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2006/10/16 21:58
読解力についてその3
 10月13日付けの読売新聞に、新聞週間にあわせて、関心をあつめた検証戦争責任の、あとがきのような記事が載っていました。まぁ、検証戦争責任の2が発売されたこともあって、その宣伝も兼ねているんでしょうが。その中で企画の理由として3点挙げられています。長いですが引用します。「日本人自らが戦争を検証し、的確な歴史認識を国民の大多数が共有することが必要ではないか」「日本がおかした過誤から学ぶことは、内外の戦争犠牲者に対する慰謝と謝罪につながり、日本の未来と将来の世代に対しての責任を果たすことにもなる」「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 21:28
坂東氏問題のけっこう本気のまとめ
 今日はタカビーに責めますので、それを不快に思う方は以降を読まないでください。ただ、私はその人の存在を残念に思います。  坂東氏問題は私の中で終わった感があります。今でも坂東氏がエッセイを書いたことは支持しています。しかし、結果として本来坂東氏のメッセージを受け取るべき人に、反発しか招かなかったことを考えると、坂東氏の行為は失敗したと思います。一般に擁護派に分類される人は、むしろ坂東氏に指摘されなくても、命に関して十分な認識を持っている人すから。  坂東氏が失敗した原因については、私は坂東氏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/11 20:54
新総理の発言について
 そろそろ少しずつ本音を出してきたということでしょうか。A級戦犯は国内法では犯罪者じゃないということは、まったくもってそのとおりなのですが、「だからどうなの?」という感じです。外国で罪を犯した人間は法的には日本で犯罪者ではないわけなのですが、そういう人たちも首相は犯罪者ではないという気なのでしょうか? 東京裁判で犯罪者として認定されたものを、国内法で犯罪者ではないと言ってもなんの意味もありません。東京裁判自体は確かに法的には疑問があったとしても、日本が判決を受け入れたのは間違いありません。問題点... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/07 22:46
続・読解力について
 以前安達祐美さん主演で「家なき子」というドラマがありました。その中で「同情するなら金をくれ」というせりふが出てきて、物議をかもし出したことがあります。多くの人は、そんなことを言う人間の品性を疑い、大いに反発したのでしょうが、私はこのせりふを聞いてむしろ募金しまくりました。問題のせりふ、私にはこう聞こえました。「あなたは同情以上のことができますか?」と。かわいそうにみえる立場の人に同情だけしてもなんの解決にもなりません。むしろ同情することで、自分の良心を満足させていい気になって、なにかしようとす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 23:07
読解力について
 最近学力テストなどで読解力の低下が叫ばれていますが、私は読解力の低下が子供だけのものだとは思えません。  例として、最近また反響があったので坂東さんの猫殺しのエッセイを出します。坂東真沙子氏の猫殺しが理解できないという意見については、なぜ理解できない人がいるのかのほうが私にはわかりません。少なくとも彼女が子殺しをする理由は明白に書かれているとしか思えません。 1坂東氏は去勢を罪悪と思っていること 2子猫を飼い続けることができない。 3そのまま捨てることは責任を放棄することで他人に迷惑を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/29 01:25
国旗・国歌の起立斉唱強要などの都の通達が違憲判決を受けたことについて
 なかなか面白いニュースが飛び込んできました。心情的には今回の判決に全面的に賛成。地裁の裁判官に拍手を送りたいところです。  ただし、おそらくこの判決は高裁か最高裁で覆ることと思います。おそらく原告が公務員であることを理由に、職務命令に従う義務があることを持ち出して。また思想の自由については、個人としては持っているけれども教師という公的な立場にはそれがないという判断が下るでしょう。論理的にはそういった判断は正しいと思います。思想の自由については、総理が靖国神社を参拝したとき、私もそうした考え方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/22 01:32
ローマ法王の発言と総理候補について
 まず、ローマ法王がイスラム教徒を批判したと受け取られている発言ですが、確かに私も不用意な発言だと思います。しかし、一部のテロ組織が報復を予告しているのは論外ですね。そうした行為はむしろ、ローマ法王の発言を裏付けているようなものです。イスラム教を一番侮辱しているのは、こうしたテロ組織だと思うのですが。こんなことを書くと、攻撃の矛先が私に向くかな?  次に、総理候補のことですが、安倍氏の発言がいろいろ出てきていますが、聞けば聞くほど大丈夫かと言いたくなります。思い付きをなんの考えもなくぽんぽん出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 00:19
少年の匿名報道について
 山口の専門学校生殺害事件で、図書館などにも波紋が広がっているようです。まず、個人的には、そもそも少年の実名を公表することには反対です。まず問題となるのが、国民の知る権利とのかかわりですが、加害者の氏名や顔写真て、そもそもそれほど国民にとって重要な情報なのでしょうか? 少年事件に限らず、毎日のように事件が起きますが、報道される犯人の名前や顔写真など、しょせんすぐに忘れられるものです。国民の知る権利を振りかざしてまで報道する価値のある情報だとは私には思えません。予断ですが、以前さかきばら事件のとき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/13 01:06
次期総理候補について
 次の総理大臣の候補が出揃いましたが、結局安倍氏で決まりでしょう。個人的には、私が常日頃から非難している考え方が服を着て歩いているような人なので、あの人がなったら日本も終わりだなと思っているくらいです。  麻生氏については、日頃から問題発言も多いので、麻生氏だったらまだ安倍氏の方がましかなという気がしないでもないけど、まぁ、かなり微妙なところです。  目立たなかったのでどうかな〜と疑問符をつけて見ていた谷垣氏ですが、話を聞いて見ると一番しっかりしていると思うし、総理には一番ふさわしいと思えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/10 00:34
坂東真沙子氏の猫殺しのまとめのようなもの
 結局、坂東氏の考え方を受け入れられるかどうかの差って、ペットをあくまでも人間の社会の一部と考えるかどうかに尽きるのではないかと思います。私にはそうとう違和感があった坂東氏への批判のひとつは、猫が人間に飼われてきた歴史から、猫は人間に依存している存在だという意見でした。古代エジプトではすでに猫が飼われていて、ペットとしての猫の歴史は確かに永い。その中で、猫も人間に飼われることに適応してきたことは確かでしょう。ただ、進化は常に、それで終わりというわけではありません。一度陸地に上がった鯨が再び海に戻... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 56

2006/09/04 21:10
終戦記念日を過ぎて
 小泉首相の参拝についてはあえてもう言いません。発言を聞いていれば、そもそも議論をするに値しない人であることがよく分かります。あとは結果が残るだけ。これからどうなるんでしょう? 次の総理の最有力候補である安倍氏にも、実は同じ評価を持っているので、正直日本の将来は不安です。  私はあくまでも、政教分離の観点から、総理の靖国参拝には反対します。  まぁ、それはおいておくとして、今回の終戦記念日はある意味すっきりとした気分で迎えました。戦後を自虐史観として非難する人たちの声が大きかったときは、本気... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/16 20:30
「亀田興毅の試合について」について
「亀田興毅の試合について」について  上村愛子さんのブログが、亀田君を褒めたので炎上しているようですね。私自身はどちらかというと、上村さんと反対の意見でしょうが、炎上させている方々には決して同意しません。どうせ炎上させている側は言論の自由を行使してるとでも言うのでしょうが、紛れもなく、結果として上村さんの言論の自由を侵害する行為をしているのです。こういう例から考えても、ブログにコメントやTBを書き込むときは、まず最初にブログの持ち主の言論の自由を尊重すべきでしょう。言論を発するのは自由ですが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2006/08/10 23:42
最近の靖国情勢について
 なんか、分祀論がほとんど国家の圧力のごときになっていますね。やっぱり、靖国神社自体が明確に政教分離の意志を示し、総理の総理としての参拝を拒否すると同時に国家の圧力を撥ね退けるのが、靖国神社が今のままの価値を残す一番いい手段だと思います。このまま国家の圧力に負けて分祀とか、非宗教法人化したとしたら、今までの価値すら、靖国神社は失ってしまうと思います。そのくらいだったら別の慰霊施設を認めるほうが、よっぽど靖国神社のためだと思います。政治から分離するのは、宗教にとってもいちばんいい手段なのです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/09 22:30
亀田興毅の試合について
 試合自体より、場外の方がおもしろい展開になりました。個人的には、もともと亀田兄弟が大嫌いでした。まぁ、ああいう職業は自分を鼓舞するためにも多少は強気の発言も許しますが、彼らの発言は過剰で、正直不愉快なだけでした。なんであんなのもちあげるのかなぁというのが正直な気持ちでした。  ところで、今回の試合の結果ですが、まず、審判がああいう判定を下した以上、どんなに疑問があっても勝ちは勝ちですね。それがルールです。ただ、その結果をどう評価するかはそれぞれの人間の自由。ということで、私なりの評価をします... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/08/05 20:30
昭和天皇のメモについて
 以前にも書いたとおり、私自身はこのメモを靖国参拝問題に関して言えば重要視していないのですが、世の中の対応について一言。  今回のメモの公開で総理の靖国参拝反対の意見が増えたのはどうかと思います。私自身は反対の方なんですが、同じ意見が増えたと喜べません。昭和天皇の意見がなんであろうと、それぞれの日本人が自分なりの意見を持って欲しいものです。昭和天皇がこう言ったからで意見が安易に意見が変わってしまってうようでは、今までいったい真剣に考えていたのか疑問に思います。そもそも、昭和天皇が自分の意見を公... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/02 22:33
ちょっとしたことですが
 今日、たまたま職場で残業をしていたところ、電話を受けました。相手は読売新聞の編集委員を名乗りました。内容自体はたいしたことのない問い合わせだったのですが、実はこのブログの「表現の自由について」で紹介した読売新聞の教育欄に書いた御本人のようでした。当然、こちらのことはそもそも覚えていないでしょうが、私の方は、こういう偶然もあるんだな〜とちょっと感慨にふけりました(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/26 20:53
昭和天皇がA級戦犯の靖国合祀に不快感を示したことについて
 発見されたメモ、信憑性についてはおおむねあるという評価なようですね。ですからとりあえず真実という前提で書きます。  これ自体は、確かに昭和天皇個人としての意見ですね。だから確かに、首相の参拝に影響することがないということは当然でしょう。私個人としては、そもそも政教分離の原則に反するという理由で反対しているので、A級戦犯が合祀されているか否かは判断に関係ありません。ただし、戦争責任について考えるとき、歴史の当事者としてのこの昭和天皇の発言は重いものがあると思います。昭和天皇の意思に反して戦争に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/23 01:34
「「「天皇制について」」その2」について
「「「天皇制について」」その2」について  丁寧なトラックバックありがとうございます。私は*自由の翼*ITUKYUUさんの語り口ならば、控えめな方と認識しますよ。  私とあなたの一番大きな認識の違いは、表現の自由に対する認識の違いだと思います。うまく説明するのは難しいかも知れませんが、努力しますね。  まず、たとえ話をしましょう。時には報道番組が偏っているという評価がされることがありますね。一方的な意見ばかりとりあげているなどの理由で。私自身は、それはそれで構わないと考えています。  た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/21 20:14
表現の自由について
 もうだいぶ前になりますか、扶桑社の「新しい歴史教科書」が最初に教科書検定に出されたときのことです。一部から検定で不合格にせよとか、採用するなという意見が出ました。それに対して、読売新聞の社説で「国家による検閲をしろというのか」と書かれたり、同新聞の教育欄に「家永裁判で表現の自由の侵害を主張し、今回不合格にしろというのはダブルスタンダードではないか」という意見が出ました。私のうちのメインの新聞が読売新聞であるので、そこに批判が偏るのはご容赦ください。また、記憶で書いているので正確でない部分がある... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/20 20:48
罵愚さんへ
 この文は本人に伝わったとみなし、削除します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/20 00:28
天皇制について
 そろそろ書いておかなければ時代遅れになりそうなので書いておきます。  まず、私は現時点では天皇制に反対です。「現時点では」と限定した理由はおいおい述べたいと思います。私がなぜ天皇制に反対するかといえば、一番の理由は天皇家の人権のためです。今のこの時代、ああいう家系を残しておくことは、ある意味逆差別なのではないでしょうか? 私個人としては、ああいう家系に生まれてこなかったことを心の底から喜びます。逆に、ああいう家系に生まれてしまった人を心の底から哀れに思います。彼らは本当に幸福なのでしょうか?... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/07/18 23:40
法律というもの
 言うまでもないことですが、日本は法治国家です。日本国民であれば法律に従わなければなりません。逆の見方をすれば、法律で明確に罰則で決められていないことは、公権力によるペナルティーを課すことはできません。  例えばの話ですが、ライブドアの堀江氏が時間外取引の問題で話題になったとき、私は合法なんだからしょうがないという意見でした。あえて何が悪いかと言えば、悪用される可能性がかなり高いこんな法律の穴を作った立法が悪いと思っています。ただし、おそらく他の何十人といる投資家もおそらくこの穴を知っていたで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 00:40
先制攻撃論について
 北朝鮮のミサイルに対抗するために、ミサイルを保有して北朝鮮のミサイル基地を破壊することを考えるべきだなどという愚かしい意見が聞こえてきました。「自衛」の一言で何をやってもいいと思っているんでしょうか? 憲法も、戦後たどってきた歴史も霧のごとくかすみ、それこそ今までの日本人の努力を無に帰す発言です。  私自身、北朝鮮は外交では変わらないという認識にいたってます。けれどもこんな考え方には当然反対します。考えてもみてください。そんなことが安易に許されるとしたら、北朝鮮の行為自体が、現実にアメリカな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 13

2006/07/12 23:11
北朝鮮情勢
 緊迫してますね〜。米がイラクに攻撃をしかけたとき私は激しく反対したのですが、同時に日本周辺を振り返ったとき、「相手が北朝鮮なら、やっちゃうしかないか〜」と思わずにはいられなかったのを覚えています。それくらい手の施しようがない国ですね。今も情勢は変わってないようです。  ただ、ある意味今の北朝鮮て、第2次大戦前の日本と状況が似ているのかもしれませんね。世界から孤立し、経済的に追い詰められると、自衛のために攻撃的になるしかないのかもしれません。もっとも個人的には、さすがに過去の日本の方が今の北朝... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/09 01:50
続ゴーマニズム宣言について
 ちょっとつづきを書こうと思います。まず靖国神社についての取りこぼしから。高橋哲哉氏の「靖国問題」にあった感情の錬金術という言葉への批判についての批判です。小林氏は高橋氏の発言を、遺族側の感情だけで評価しています。確かに遺族の感情としては、大切な人間を失った悲しみを靖国神社に祀られたからといって悲しみが消えるわけではありません。それを公のためであると考えて、納得しようとしているだけでえしょう。それ自体は普通の個人の反応としてはごく全うなことです。ただし、高橋氏はその反応を国の側が利用しようとして... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/05 22:18
「ゴーマニズム宣言を久々に買ってしまいました。」について
 私の意見の本質でないことに無駄に時間をつぶしてしまった感じがします。政教分離をする理由については本文に書いたとおり「政教分離には二つの側面があります。ひとつは国が特定の宗教に支配されることを防ぐため。もうひとつは国が宗教を支配することを防ぐためです」 もっと端的に言うと、信教の自由を守るためで、私はそれを少し細かく説明しただけです。これについては、どこの国であろうと、どんな宗教であろうとかわりありません。国や宗教によって違ってくるのは「政教分離をする理由」ではなくて「政治と宗教をどの線で分離... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/23 22:54
ゴーマニズム宣言を久々に買ってしまいました。
 本当に久々です。そもそも以前に買ったのは、たぶん従軍慰安婦の問題を初めてとりあげたときの巻で、そのときは従軍慰安婦を否定する方法が事実の検証の積み重ねで大変冷静なものなので、あまりにも感激して買ってしまいました。ただ、同時に思いました。結局愛国心がらみになると暴走するものですから、このままのスタンスでいけばいい論者になるかもしれないけど、ちょっと不安だと。案の定、その後見事に暴走してくださいました。  今回はとりあえず、靖国のことについて批判してみます。実は私、発想自体は小林よしのり氏に似て... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/06/16 23:11
戦後の歴史教育に思うこと
 私は戦後の歴史教育はすばらしかったと思っています。教科書で言えば、基本的には事実関係だけを載せ、それに対する評価はほとんど載っていません。結局、個々の事象の評価それ自体が「歴史観」で、それを載せることは結局歴史観の押し付けになってしまいます。日本の教科書に日本のいいところが載っていないという意見がありますが、私はいいという評価が載っていないのだと思っています。また、「私から見て」いいことはいっぱい載っています。もちろん、「私から見て」悪いことも載っていますが、それは教科書に悪いことばかり載せて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/11 13:51
久々に読売新聞の社説につっこみいれたくなりました。
 5月31日付けの読売新聞の社説ですが、このところあまりつっこみを入れるところがなかったのですが、今日はつっこみを入れたくなりました。要旨は、社会保険庁の不祥事に対して、村瀬長官を責めるのは間違いだということですが、私もこれが、別の事実がなければ納得するところです。  確かに、年金の未納は大きな問題ですし、未納を解消するための努力を怠ってはいけないでしょう。しかし、村瀬長官の手法が本当に良かったかは、きちんと検証すべきだと思います。読売の社説の主張からすると、問題なのは社会保険庁のぬるま湯体質... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/05/31 22:32
ダヴィンチコードが話題になっていますね
 イスラムの風刺画と比較するとなかなか面白い話題ですね。キリスト教徒でも同じような反応をするんですね。さすがにイスラム教徒よりも控えめですけど。ある神父さんの言葉を失礼ながら、おおいに笑わせていただきました。ダヴィンチコードは歴史的に間違っているそうです。私の認識はだいぶ違います。ダヴィンチコードは真っ赤な嘘なのです(笑)。こういうところで思い切りイスラム教と違う反応を示してくれればカトリックを心の底から尊敬するんですが・・・。  また、ヨーロッパの風刺画を載せたマスコミも、今回の事件を取り上... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/05/21 20:58
5月19日付け 読売新聞「検証・戦争責任」
 今回の記事もとても興味深かったと思います。日本の敗戦の原因は、「驕慢」が大きなキーワードになると思います。本来、日本人は謙譲を美徳とするはずなんですが・・・。個人的には、明治維新から日本の伝統と文化は大きく歪んできたのではないかと思っています。西洋の文明が入ってきたことだけではなく、国策として故意に歪められた部分もあると思います。国家神道が生まれたのもこのころですし、神仏棄釈なども行われました。愛国教育もこのころですね。それまでは国という概念を一般の人は意識していなかったのですから。その結果と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 19

2006/05/21 01:22
麻生外務大臣の発言について
 首相以上に変な発言をするなぁと思いました。外相の発言は要は、靖国神社の非宗教法人化ということです。宗教法人でなければ、A級戦犯の分祀も可能になるという理屈ですが、これには二つの疑問があります。まず、ひとつの宗教法人を宗教法人でなくすのって、国が恣意的にやるのならば、それ自体が政教分離の原則に反するでしょう。国の気に入らない宗教を国が勝手に宗教法人から外し、好きにできるとしたら信教の自由は守られません。これは絶対に許すべきではありません。オウム真理教の例などにもあるように、ある意味宗教団体への最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/17 21:34
民主党の教育基本法の改正案がでました。
 個人的には、「愛国心の強制」を避ける意図が見えたぶん、与党案よりましでしょう。私から見れば愛国心を強制しようという行為は、「強制しないと日本なんて国は愛してくれる人がいないよ〜」と言ってるようなもので、日本を貶める行為にしか見えないんですがね。私から見れば、そのほうがよっぽど自虐に見えるんですな。別に強制しなくも、日本がいい国になれば自然に愛国心て出てくるものなんですが。私自身は少なくとも今まではいい国だと思っていたのでそれなりの愛着があったけど、戦後の日本のいいところをみんななくしていこうと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/14 00:51
経済同友会の提言に対する小泉首相の反応について
 ため息しかでませんね〜。  経済同友会が小泉首相の靖国参拝に反対した提言を出したところ、首相は「商売と政治は別」と言ったそうです。靖国参拝が政治だっていうなら、それこそ政教分離の原則に違反するでしょう。私個人としては、政教分離に違反することが理由で小泉首相の靖国参拝に反対しているので、首相があくまでも個人的な参拝という姿勢を貫いてくれればなにも言えなくなるんですが。裁判のときとの姿勢の違い、ご本人はどう思っているのでしょうか。むしろ靖国裁判のときに堂々と「私は政治活動の一環として参拝していま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/10 20:17
せっかく憲法記念日なので戦後のことをいろいろと書きます。
 まず、国会図書館の憲法のコンテンツは非常に役にたつのでぜひ読んでください。  そこにも解説がありますが、今の憲法が制定される前に、民間の憲法草案が作られ、その中には現実に憲法と一致するものがあります。GHQは確かにこれらを読んでいたようですが、どの程度参考にしたかはわかりませんが、それより重要なのは、当時の日本人にとって新しい憲法が希望と期待に満ちた歓迎すべきものでもあったということでしょう。今の視点だけで押し付けと決め付けるのは、それこそ先人の気持ちも努力も踏みにじることになると思います。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/04 00:25
交通博物館へ行ってきました
 29日に秋葉原の交通博物館へ、埼玉へ移転するのを前に行ってみました。そうとう子供のころに行って以来だったんですが。祝日に行くんじゃなかったと後悔する程度には混雑していて、落ち着いて見られなかったのが残念。それとずっと気になっていたことを係りの人に聞いてきました。「移転」するといっても、名前が鉄道博物館になります。でも交通博物館には船とか飛行機の展示もあるので、それはどうなるのかと思っていたのです。そしたら移転したらそっちの展示はないとのこと。JR経営だし、事情はわからなくはないですが非常に惜し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/30 13:52
「「読売新聞の検証・戦争責任」について」について
「「読売新聞の検証・戦争責任」について」について  今ひとつトラックバックの意味が分からず、返事を書けずにすいません。  戦争の責任は総て生きていた日本人に責任があるという言い方が、理屈として無茶なのは私自身が認めてきちんと書いています。何よりも自分への戒めとして受け取っているということです。当時生きていた日本人総てにといったのも同じ流れです。私が疑問なのは、戦争責任の問題を、日本人がすべてひとごとのように論じていることです。もっとも、「当時生きていた日本人」という言葉には、厳密に言えば当時世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/22 01:21
中国の半日暴動から一年
 中国の反日暴動から1年ということで、テレビや新聞で取り上げられています。あれについては確かに弁護の余地がなく、私自身も中国国民の一部、並びに中国政府に腹をたてました。一番思ったのは、中国は戦時中の日本から、反面教師としてなにも学ばなかったのだなぁということでした。彼らの様子は、話にきくだけですが、当時の日本人の愛国心を想像させました。反日なら、なおさらかつての日本と同じような態度をとらないほうがいいように思います。  日本人も、彼らの態度をおかしいと思うなら、それを反面教師にしたらどうでしょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/18 01:01
読売新聞の検証・戦争責任
 これ、面白いです。読売新聞にこれが載ってる日はついつい仕事へ行くのが遅くなってしまいます。ずっと読売新聞を読んできたんですが、今までは社説とかに突っ込みを入れまくってました。しかし最近は、私と違った意見でも考え方は納得できるというものが増えてきています。いったい読売新聞の何が変わったんでしょう?  この連載も、事実をあくまでも冷静に評価していると思います。  個人的には、当時生きていた日本人にはみな責任があると思っています。そして、当時生きていなかった日本人にも、当時生きていたら戦争を止め... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/17 01:15
拉致問題の進展について
 横田めぐみさんの夫のDNA鑑定が出ました。個人的には、横田さんなどがアメリカへ行くニュースを見るといつも「どうして韓国に行かんのだ!」と叫んでいました。アメリカの圧力に北朝鮮が屈しないのは六カ国協議の顛末を見れば分かるとおり。韓国にも拉致被害者がいることだし、拉致問題に韓国を味方につけるほうが北朝鮮との交渉に有利というのが私の考えでした。  そのためには靖国問題などお荷物以外のなにものでもありません。優先順位から言えば、核・領土・拉致問題と比べれば下の下。このことは中韓に譲るという戦略的判断... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2006/04/14 22:11
教育基本法改正について
 「教育基本法改正に関する検討会」において結論が出たとかでないとか。まず、個人的には教育基本法改正には必ずしも賛成できません。ただ単に古くなって時代に合わなくなった部分を直すという機械的な改正ならしょうがないかなと思いますが、現在の教育の問題の責任を教育基本法に負わせるような形での改正は意味ないと思います。  その中心が「愛国心」の記述にあると思います。教育基本法に愛国心の記述がないから、子供が切れたり、学力低下がおこったりするのではないでしょう。それなのに愛国心を入れたがるのは、戦前戦中の教... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/13 01:08
憲法のことをちょいと書いてみようかなぁと
 自分への確認への意味をこめて、ちょっと憲法について書いて見ます。ここで書くのはごくごく基本的なことです。疑問、反論などあればぜひコメントをお願いします。  当たり前のことですが、憲法は法の中で一番の重要かつ基本的なものです。  重要という点、具体的には、憲法に反する法律は作ることができません。日本は(少なくとも建前では)法治国家ですから、国は憲法に反する行動はできないことになります。ですから、憲法は事実上国の行動を決定し、あるいは制限する根幹です。  また、基本的という点ですが、憲法に書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/12 00:56
民主党代表、小沢氏の発言について
 小沢氏が靖国問題のことについて持論を展開したようです。A級戦犯を分祀して、参拝するということなのですが、個人的には大反対です。神社のことに口をだすのは、下手をすると参拝以上に言い訳の出来ない憲法違反です。政治が神社に何を祭るかなどという点を指図するものではありません。  政教分離には二つの意義があり、ひとつは政治が宗教に干渉されないこと、もうひとつは政治が宗教に干渉しないことです。神社になにを祭るかはまったく神社の自由。祭られているものがいやなら、参拝に行かなければいいのです。逆に言えば、総... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/04/10 00:58
読売新聞の「憲法」世論調査について
 結構面白いネタだったので、見入って仕事に遅れそうになりました。  まずアンケート全体についてですが、ちょっと質問の幅が広すぎて分析が難しいのではないかと思います。焦点がかなりぼやけているように思います。しかし、それはそれとして有意義な調査だと思います。  かなり気になったのが、改正すべきだという理由のひとつで「アメリカからの押し付け憲法だから」というところ。これが2位というのはショックです。憲法の成立過程を調べれば、単純にアメリカの押し付けとは言えないはずなんですが・・・。また、現実に戦後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 00:54
殺人事件の報道のたびに思うこと
 マンションからの突き落としという、また悲惨な事件が起こってしまいました。こういう事件のたびに「心の闇」という言葉が出てきます。でも個人的には、心の闇なんてそんな特別なものじゃないと思っています。  そもそも、人間は普段の生活において、他人を自分から見てどういう立場にいるかという認識に基づいて相手に対する共感性をコントロールしています。恋人、親友、家族、そんな間柄なら相手の気持ちを思いやることができ、そういう相手を殺すことなどできません。しかし、相手を敵とか、関係のない人間と認識すれば、相手の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/04 01:17
SAPIOの井沢元彦氏の記事について
 今回もSAPIOの井沢元彦氏の記事を読んでしまいました。前回の感想については、私のホームページの掲示板を見てください。正直、私は井沢氏の主張を理解できません。  井沢氏の主張は、「個人の意見として靖国参拝を反対することはかまわないが、中国共産党に有利になる形で反対することは問題があるということであるように思います。  まず、いったいどうやったら個人の意見として靖国参拝を反対するという行為ができるのか私にはわかりません。私個人としては、なによりも国内の政教分離の原則を守るために靖国神社へ首相... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/25 02:06
思い出したこと
 イラクのニュースがここしばらく続いていましたが、思い出したことがあります。そもそもアメリカのイラク攻撃の原因というのが、「イラクは大量破壊兵器を隠し持っている」ということで、小泉首相は答弁のとき、「大量破壊兵器を持っていないことは、イラク自身が証明しなければならない」と言っていたと記憶しています。  なんか最近同じような理屈を聞きましたね。永田議員の提示したライブドアメールです。イラクのときの答弁を適用するなら、永田議員の告発が眉唾だと証明する責任は武部さんのほうにあったはずだと思うのですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/21 01:25
ブログ始めました
 とりあえず、始めてみました。まだブログは手探りの状況ですが、がんばってみたいと思います。  えぇ、とりあえず、私は結構議論好きです。とはいっても、なかなか日常では議論する機会はないのですが。とにかく言いたい放題を書いていきますので、突っ込み、議論の吹っかけ大歓迎です。「炎上なんか怖くない!」なんてね(笑)。  とりあえず昨今の風潮で一言。新聞、週刊誌、テレビ、いろんな意見があり、それに対する反論もいっぱいありますが、世の中にはテレパスが多いみたいですね。というのも、意見に対して具体的に反論... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/19 14:14

トップへ | みんなの「独り言」ブログ

M.FUKUSHIMAの単刀直入 独り言のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる