「ゴーマニズム宣言を久々に買ってしまいました。」について

 私の意見の本質でないことに無駄に時間をつぶしてしまった感じがします。政教分離をする理由については本文に書いたとおり「政教分離には二つの側面があります。ひとつは国が特定の宗教に支配されることを防ぐため。もうひとつは国が宗教を支配することを防ぐためです」
もっと端的に言うと、信教の自由を守るためで、私はそれを少し細かく説明しただけです。これについては、どこの国であろうと、どんな宗教であろうとかわりありません。国や宗教によって違ってくるのは「政教分離をする理由」ではなくて「政治と宗教をどの線で分離するか」ということです。靖国参拝の議論はされていますが、政教分離の是非は議論されていないと個人的には思っています。政教分離をする理由自体は常識だし、ほとんどの国民から受け入れられていると私は考えています。とりあえず靖国はおいておいて、総理が税金からなんとか教団にお金を出していたら、当然なんとか教団信者ではない納税者としては咎めますよね(笑)。総理の帰依するなんとか教団の教祖のいうとおり政治が動いていたら、民主主義どころではありません。
 もちろん中には、宗教なんかなくなればいいとか、なんとか教は優遇すべきだという人もいるでしょう。そういう人たちにとっては政教分離は邪魔でしかないでしょうが、逆に言えば、政教分離の原則がある限り、そういう人たちから、それ以外の人たちが守られていることになります。
 靖国問題のはなしで政教分離をする理由を持ち出すことなどまったくナンセンスでしょう。
 靖国参拝に賛成する人だって、もし政教分離を否定したら、仮に、外交のために靖国神社をなくすと政府が決めたとしたら、反対する法的根拠がなくなってしまいます。
 個人的な推測ですが、罵愚氏は要するに、政教分離の根拠として私が憲法を持ち出すことを期待したのではないでしょうか。そうすれば「押し付け憲法」を持ち出して私の意見に根拠がないことを主張できると思ったのでしょう。(くどいですが、この段落はあくまでも私の推測であることをもう一度付け加えておきます。)
 政教分離をする理由は「信教の自由を守る」という普遍的な理由があります。もちろん、メリットとデメリットを考えて、政教分離をしないという選択肢は当然あります。靖国などの個々の事象を離れてグローバルな視点でならばどちらを取るべきかということについては大いに議論をしたいと思いますが、靖国問題のことで政教分離の理由を持ち出すのは無意味です。靖国問題についてならば、政教分離する線引きをどこするかという議論については喜んでお受けしたいと思います(当然、罵愚さん以外ですが)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

罵愚
2006年06月25日 04:14
 コメントしてもいいですか?
http://www.fetang.com/
2013年07月30日 12:36
こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします

この記事へのトラックバック