従軍慰安婦問題についてちょっとまっこうから述べてみます

 段階を踏んですすんでいきましょう。まずは、恐らく誰もが同意できる事実から

1 戦時中、日本軍相手の慰安婦が存在した。
2 1の慰安婦が働く慰安所に、日本軍の関与があった。
3 自らの意に染まぬ形で慰安婦にさせられた女性がいた。

 2について一応注釈しておきますが、ここでは関与の有無についてだけ述べているのであって、「強制的に慰安婦にする」ということに関与があったということに同意を求めるものではありません。この3点については、誰もが合意できるのではないでしょうか?

 以下、合意出来たものとして続けます。事実関係の話であるが意見の分かれるものとして次がでてくるでしょう。

 日本軍が慰安婦の強制に関与したか否か

 事実関係としては、日本軍が慰安婦の強制に関与したという証拠はありません。しかし、事実がないことを証明するのは、あることを証明するよりも難しいものです。証拠がないということは、事実関係がない可能性もありますが、証拠が見つかっていない可能性もありますから。私個人としては、日本軍が全体として強制に関わったのではないと思っていますが、軍関係者の一部が強制に関わった例はある程度はあったのではないかと思っています。少なくとも、オランダ人女性に対してそういうことがあったという事実は、記録に残っています。他の例があったという証拠はありませんが、「断定的に否定はできないかな」というのが私の印象です。
 この点について、原告側(すなわち、従軍慰安婦本人)に証拠を提示する義務があるという意見がありますが、医療ミスの訴訟など、原告側に立証責任を負わせることが著しく不公平な場合、被告側に立証責任を負わせる考えがあります。また、原告側に立証責任があるということは、日本が訴訟システムの中でそういう主義をとっているというだけであって、外交問題の中でそれを振りかざしても、相手が恐れ入るとは限りません。
 私も別に、「日本が自分で無実を証明できなければ謝罪し、賠償すべきだ」などと主張するつもりはありません。ただ原則論を振りかざしても、第3者から見れば、2時間ドラマのサスペンスの最後で犯人が探偵に、「すべては推理。証拠を出せ」と開き直っているようにしか見えないのではないでしょうか? 「証拠を出せ」などというくらいなら、むしろ積極的に相手側の調査に協力し、とことん調べさせて納得してもらうことを考えるべきでしょう。あくまでも私の推測ですが、アメリカの議会への対策として、向こうの議員を日本へ招待して好きなだけこちらの資料を調べてもらうのも、有効な手段になるのではないでしょうか?

 最後に、評価の点。事実関係の認識が割れている点には、それぞれの場合における私の評価を書きます。
 日本軍が従軍慰安婦の強制に直接関与したとしたら、日本は謝罪すべきだと思います。ただ賠償については、「中国・韓国相手には条約で解決済み」であるので、国家としての賠償はすべきではないと思います。ただ、正式な賠償という形ではなく、行為としての金銭の援助は可能でしょう。事実日本もそういう形をとったことがありますし。
 日本軍が従軍慰安婦の強制に直接関与していない場合、実は私の場合は上と同じ評価です。私は直接関与していないと思ってはいますが、仮に組織の下部の部隊が慰安婦の強制に関与していたとしたら、上層部にも当然監督責任があるわけですし、組織としての日本軍にも責任はあるはずです。不二家の1部の工場が賞味期限切れの材料を使っていたことに対しての責任は、1工場のみにあるのではなく、不二家全体の責任が問われるのと同じ理屈です。
 また、純粋に民間業者が強制しただけだったとしても、結果として意に染まぬ形で日本人相手に売春をさせられた人がいるという事実だけでも、私は謝罪すべきだと思います。このあたりのことを言うと、「当時売春は合法だった」とか「今の基準だけで評価するな」という人もいるでしょう。
 まず法的な問題ですが、例えば、東西ドイツが統一されてしばらくして、東ドイツの国境警備をしていた兵士が、亡命をしようとした東ドイツの人間を射殺したことで罪に問われたと当時のニュースでみた記憶があります。今の日本の法律では確かに、そのときに合法だったことはあとから責任を問われないのが原則ですが、それは「原告側の立証責任」と同じように、いつでもどこでも通用するわけではありません。
 また、責任は何も法的責任だけではありません。そもそも謝罪というのは心の問題です。従軍慰安婦問題の事実関係をどうに認識していようが、謝りたいのであれば謝ればいいんで。。
 次ですが、別に今の基準で過去を評価してもいいのです。私は歴史を一続きの流れと考えています。かつては売春は今ほど悪いことではなかったとしても、どこかで悪いことという認識が生じ、今では悪いことになっている。その一連の流れが日本の歴史でしょう。売春を今ほど悪いことではなかった時代を基準に評価することしか許されないなら、逆にその後の日本の歴史はいったいなんなのでしょうか? 過去は過去、今は今という断絶した考え方は、むしろ歴史というものを、きちんと理解していないのではないかと思います。売春が悪と認識されていった歴史を重んじるなら、安易に当時の基準だけで評価はむしろ出来ないと思います。今の基準で過去を振り返ったとき、「悪い」と思えるのはむしろ日本という国が成長した証でしょう。もちろん、当時の人間を今の価値観で責めろというのではありません。当時の時代を今の価値観で評価しろと言っているのです。この違いは大きいと思います。
 ちょっと逆の見方をしてみましょうか。現代の人間が、今の価値観以外で果たして評価できるのでしょうか? 過去の価値観を当時の文献から学んでも、所詮それは、今の価値観と言うフィルターを通して過去の価値観を理解しているにすぎないかもしれません。

 ある意味、日本が謝罪すべきか否かという議論は実はナンセンスです。なぜなら、現実に日本は謝罪しているのですから。ただ、国として謝罪しても国内では謝罪すべきでないという声が高らかに響いている。そんな状態で日本の謝罪が受け入れるはずなどありません。事実関係はともかくとして、現実問題として国が「謝罪」という選択肢をとったのなら、いくら表現の自由があるとは言え、もう少し謝罪すべきでない派もおとなしくしたほうがいいと思うのですが。これはあくまでも私の評価で、「意見を言うな」などとは言いませんが・・・。

 私は、私は日本軍自体の強制があろうがなかろうが現実に意に染まぬ形で日本人相手の売春をさせられた慰安婦に対して、十分に日本に責任はあるし、謝罪は真摯にすべきだと思います。もちろん、事実関係について錯誤があれば主張すべきことは主張すべきだと思いますが。ただ現実に聞こえる大きな声は、事実関係の錯誤を主張すると言うより、単に自分たちの責任を回避したいだけのように私には聞こえます。「認めるべき責任は認める」「事実関係の錯誤は正す」あくまでもこの両輪が必要なのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大室☆寅之助。
2007年04月21日 18:37
貴方は渡鹿野島に出かけたことはあるか?(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E9%B9%BF%E9%87%8E%E5%B3%B6
観念的にものを考えるのではなく、フィールド・ワークが必要だろう。

サルと人間のハーフを作り、天皇家に嫁がせよう。
2007年04月23日 00:13
 安倍首相がニューズウィーク誌のインタビューに応じ、慰安婦問題について責任を認め、謝罪をしました。その内容は基本的に、私がここで書いたことと同じことだと思います。
 自らの仕事に誇りを持つ売春婦については、私は敬意をはらいこそすれ、その人たちに謝罪しろなどとは言いません。ですが、意に染まぬ形で売春婦にならざるを得なかった人がいた場合、それはその人のいた社会に問題があるのであって、戦時下の中国・韓国については統治していた日本の責任は当然あるでしょう。
大室☆寅之助。
2007年04月23日 19:54
>自らの仕事に誇りを持つ売春婦については、私は敬意をはらいこそすれ・・・

アンタは借金で人を縛るという話を理解していないのか?島へ行ってみろ。
2007年04月23日 22:00
 誤解もはなはだしいですね。借金で縛られたなら、もともと自分の仕事に誇りをもつはずがないでしょう。
 売春にもいろいろなケースがあるのです。かつては聖娼というものがあり、女神の神殿で宗教的な売春を行っていたりもしました。もっと世界の歴史を、もっと学んでください。
 また、世の中には障害者の性欲を処理することを目的とするセックスボランティアというものもあります。
2007年04月23日 22:04
 借金でしばられているというケースは、「意に染まぬ形で売春婦にならざるを得なかった」ケースです。
大室☆寅之助。
2007年04月27日 21:03
ツベコベ言わず島へ行け。見てこい。その次は飛田新地へ行け。それから口を開け。腰を動かしながら売春とは何かを考察してみろ!
2007年04月27日 22:41
 もう、何をおっしゃっているか分からないですね。こちらも何も言うことはないです。

この記事へのトラックバック

  • 「従軍慰安婦問題についてちょっとまっこうから述べてみます」について

    Excerpt: 「従軍慰安婦問題についてちょっとまっこうから述べてみます」について 御久しぶりです。TBコメント記載可能となされた事は、大いに歓迎致します。 さて、相変わらずのナンセンス・問題ですが、私の私論を此処.. Weblog: *自由の翼*ITUKYUU racked: 2007-04-21 14:56
  • 従軍慰安婦とか南京とか

    Excerpt: <安倍首相訪米>慰安婦問題で「同情とおわび」を表明4月27日10時46分配信 毎日新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000024-mai-p.. Weblog: 紗砂螺さんの部屋 racked: 2007-04-27 14:46