憲法9条改正私案

 自民党が憲法9条の改正文案の論点整理をしたようですが、今日は個人的に改正私案を書いてみます。
 前置きとして自民党案の評価から始めます。
 まずは安倍総理が提案した3項追加案ですが、最悪ですね。こんな改正をするなら改正しない方がいい。以前から安倍総理の元での改憲は特に反対だったのですが、それは安倍総理がまともな改憲などできるわけがないと思うからで、それを裏付けるような最低な改正案を出してきました。この案、何が問題かというと、現在は憲法と現実の間で乖離していることを、そっくり憲法の条文内に持ち込んでいるだけだからです。結局は2項と3項の間で整合性がとれないわけで、最大限贔屓目に見ても問題の先送りにしかなりません。憲法に自衛隊が書かれるから違憲ではないなんてレベルの、法理論をまったく投げ出したアホ改正ですね。少しはモノを考えろよ!
 石破氏が押すだけあって、さすがにもう1案の2項削除の方が論理的な整合性のある改正ですね。内容に賛成するかどうかはともかく、十分に案として通用するものです。

 では私自身の改正私案を披露させていただきます。こちらも2案提示します。
 まず第1案は、改正しないというものです。世の中には何かというと「対案を出せ」というしょうもないかたが大勢いらっしゃいますが、「現状維持」というのも立派な対案です。もちろん、「現状」でいいかどうかについてはいろいろな見解はあるでしょうが、少なくとも「対案を出せ」というのは全く意味のない反論です。対案はすでに提示されているわけですから。
 この案、なんの解説も付け加えなくても第3項追加案よりはマシなのは明らかです。第3項追加案は結局なんの解決にもならない案ですし、そんな改正をするなら、いっそ何もしないで構わないはずです。しかし、私が提示するのは何もしないという案ではありません。9条を改正しない代わりに、現実を憲法に合わせるのです。自衛隊は災害対策を残し武装解除します。
 まあ、ここまで読んだネトウヨが批判する内容はだいたい想像できますが、もう少し説明します。
 世の中には、「憲法9条のおかげで日本が平和だったわけではない」という人がいますが、本当にそうでしょうか? 少なくとも、先の大戦でいろいろやらかしちゃった日本が生まれ変わったというイメージ作りには役にたったと思います。それは戦後の外交にも経済にもそれなりの影響を与えたんじゃないでしょうかね? その結果として日本は世界においてそれなりに意味のある地位を占めることができた。それは日本の平和にも関連があることだと思います。ドイツがナチスの台頭を許した理由のひとつに、第一次世界大戦時における賠償金が重荷になっていたことも挙げられることを考えると、憲法9条は十分日本の平和に貢献できたのではないかと思います。
 この場合憲法9条の裏にあるのが自衛隊や日米安保ですね。しかし、それらがなかったら本当に日本は戦争に巻き込まれていたのかというと、果たしてどうなんでしょうか? どこかの国が、実際にそういう判断で日本に戦争をしかけるのを辞めたというような事例が現実にあったのでしょうか? 結局のところ、歴史にIFはありません。あれがあったら、あれがなかったらと考えてもしかたありません。いろいろな要因がからんで現在があるのです。憲法9条だって十分に平和に貢献した可能性もあります。消極的に聞こえるかもしれませんが、自衛隊や日米安保だって同レベルなんです。それらがなかったら戦争に巻き込まれていたと断定できる人はいません。同じように、憲法9条がなくても戦争に巻き込まれなかったと断定できる人はいません。
 日本が今までそれなりの平和を享受できたのはなんのおかげか、それ自体を断定することはできません。その上で憲法9条の改正を考えるとき、必要なのは「これからどうするか」ということだけです。非常に単純な話しなんですが、平和に必要なのは外交と軍事のバランスです。どういうバランスをとっていくか、それが考えるべきことです。当然のことながら、労力が無尽蔵に費やせるわけではありませんから、どちらかを重視すればその分片方がおろそかになります。そこで、いっそのこと軍事をすてて外交に全力を尽くすというのがこの考え方です。
 よく護憲派を「お花畑」的な言葉で批判する人たちがいますが、外交だけで平和を勝ち取るには多大な努力が必要で、とうてい「お花畑」ですむわけがありません。また、外交は他国の間に入ることも含みますから、全然「一国平和主義」でもありません。この辺のところ、護憲派などを根拠もなく誹謗中傷しているケースがあるので念を押して付け加えておきます。
 だいたい「日本を誇ろう」なんて言っているやつらが目指すのは「軍隊の持てる普通の国」。非武装で平和を勝ち取るくらい難しいことをやり遂げてこそ、誇れる国になると思うんですがね。志し低いなっ(笑)。
 私はどちらかというと論憲派ですが、その立場で改憲派、護憲派の主張を聞いていると、多くの場合どちらも一面的にものを見ているだけだと感じますが、基本的なところは一周回って護憲派の方が正しいと思えることのほうが多いです。改憲派の方こそ、もっとちゃんと同じ土俵に乗ったきちんとした議論が必要なんですが。
 
 まあ確かに、非武装の平和を目指すのはとても難しいと思うので第2案は妥協案です。第2項を以下のように変えます。
「前項の目的を達するため、自衛のため、もしくは国際社会からの要請に対応するためにやむを得ない範囲を超える陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。その範囲を超える国の交戦権は、これを認めない。」
 先の大戦の歴史を踏まえれば、なんの制限もなく2項を削るというのはあり得ないと思います。それこそ「もう一回戦争したいのか?」と聞きたくなります。正直、この案だって随分拡大解釈の余地はあるので、権力の監視はしっかりしないとですが、現実に合わせて、かつ、歴史を踏まえて平和の尊さを忘れない無難な案だと思います。きっとこのくらいの案は大勢考えてる人はいると思いますが、この程度の案をどうして自民党は考えられないんでしょうかね?
 かつて日本国憲法ができた直後、たとえ押し付け憲法であっても多くの国民は戦争放棄を歓迎しました。それは戦争の実際に体験した経験からきた心からのものだったと思います。それを戦争を知らない世代が軽々しく捨て去ってしまう、ほんとうにどちらが「平和ボケ」なんでしょうかね?
 現実に妥協するとしても、平和に対する志くらいは固く残しておきたいと思います。そういう精神もなくなってしまったのだとしたら、この国も随分劣化したということですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック