主戦場を見てきました。

 わざわざ東京へ行って「主戦場」を見てきました。知らなかった情報もあって、面白くは見られましたが、やっぱりもう一歩引いて撮ってほしかったとは思います。従軍慰安婦の問題、さすがに韓国側にもかなり問題があります。そういうニュアンスの部分もなくはなかったですが、バランスを欠くと思いました。
 それにしても、映画の中で出てくる「歴史修正主義者」の面々が笑えました。彼らが騙されたとか文句言っているみたいですが、結局映画に出てきたのはいつも言ってるようなことで、それで騙されたもないもんだと思いました。
 個人的には、純粋に学問の場では従軍慰安婦問題など、日韓で意見は一致できると思います。ただ、やっぱり問題は、学問以外の視点をを持ち出す人たちの存在ですね。日韓両方にいますし、印象では韓国の方がさすがにひどいと思っています。
 それにしても、わざわざ東京にいったけど、待ってれば地元でもやるみたい(笑)。まあ、なかなか向こうの小さい映画館に行く機会もないから、まあいい経験だったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック