はだしのゲン騒動に思ったこと

 一応概要から始めると、昔から学校の図書館に置かれていたはだしのゲンについて、思想的な問題からクレームをつけた人間がおり、その後松江市教育委員会が、表現が子供には過激すぎるとして、市内の各学校に閲覧制限を指導し、世論の反発を受けて謝罪の上閲覧制限を解除したとのこと。  まず基本的なことから。閲覧制限の理由が思想上の問題であるな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦のエンペラーを見てきました

 終戦のエンペラーを見てきました。もうだいぶ前になってしまいましたが、中公新書の「昭和天皇(古川隆久著)」を読んで昭和天皇に対する見方が変わったので、今回どう昭和天皇が描かれているか、興味を魅かれたので行ってみました。本の方も感想をブログに載せようと鋭意奮闘中なのですが、なかなか難しく、完成に至っていません。そこでとりあえずこの映画の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の海江田代表を思いっきり擁護します(笑)

 民主党の海江田代表が「ネットを利用する人は先ず正しい日本語を書き、文章を書く作法を身につけるべきだ」とか、「かつて『テレビが政治を悪くした』と言われたことがあったが、今や『ネットが政治をさらに劣化させる』と断じなければならない状況だ」とかフェイスブックに書いて大炎上したとのこと。  なんで? その通りじゃん(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冥王星の月の名前が決まったこと

 最近発見された冥王星の月の名前が、「ケルベロス」と「ステュクス」に決まったそうです。マニアな私は大喜びv^^。  なんでも、スタートレックファンがバルカンを押したそうだけど、極寒の星に火の神の名前をつけるのはさすがにどうかな~?。Mr.スポックの出身惑星だということは私も当然知ってるけど、そういうのは生物がいそうな惑星でも見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねじれって、そんなに悪いの?

 7月1日の読売新聞によると、参院選で「ねじれ解消を」という意見が52%だとか。でも、ねじれってそんなに悪いものでしょうか?  確かに今までのねじれ状態では、結果として政策決定のスピードが遅くなっていたとは思います。それについては異論はありません。また、このことは憲法改正の議論でも「参院が強すぎるので改正すべし」という根拠で使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の政治家の言葉について

 書きたいことはいろいろありましたが、いろいろありまして延び延びになってしまいました。ここでまとめて書けるといいな。  まずは靖国参拝への安倍首相の言葉に対して。結局安倍首相はこの問題の本質を分かっていないんじゃないかと思います。確かに、靖国参拝に対して外国に強制されるいわれはありません。しかし、むしろこれは純粋に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本弘氏のブログへの書き込みがトンデモなことになっていました

 以前ちょっと書いたのですが、震災後の石原前知事の天罰発言について、山本氏がブログでトンデモな解釈をしていたので思わず突っ込みを入れてしまっていました。最後の書き込みをしてから全然反応を見てなかったのですが、ふとしたきっかけで見てみたら面白いことになっていました。いや、久々に大笑いしましたね(笑)。  もうあのブログを見にいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日が終わって

 憲法記念日が終わっていろいろな意見が出てたけど、相変わらず間抜けな意見が目立つな~(笑)。  憲法9条にからみ、相変わらず内閣法制局を悪者にしている人がいるけど、なんて恩知らずなんでしょう。そういう人って基本的には日本に軍を持たせたい人だと思いますが、そもそも内閣法制局がアクロバティックな憲法解釈をしてくれたからこそ、自衛隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず自分を振り返ってみればと思うこと

 最近の話で気になることがあります。  各地で一票の格差が大きかった先に衆議院議員選挙は無効との判決が出ています。ただ個人的には、一票の格差はそれほど重要なことだとは思いません。結局どんな区割りをしても格差は出るんだし、仮に一票の格差をまったく同じにできるとして、果たしてそれが本当に平等になるのかどうか・・・。  も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとした議論

 今日は仕事でお客さんのクレームの対処をすることになりました。クレームの内容自体は本筋でないのでここには書きません。  以前にもちょっと書きましたが、私はこういう時、説得できなければ負けくらいの気持ちで対応します。10分くらいだったかな。なんとか納得してもらいました。でも、実際の結果は勝ち負けじゃないですね。お客さんのクレーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐れていたことが起きてしまいました。

 14日の夕方、一人の尊い命が失われました。大阪府大東市の野崎駅で、小学生がホームから電車に飛び込んだのです。小学生はホームに、自分の命と引き換えに学校の統廃合を中止してほしいとのメモを残していたそうです。  この小学生が自殺した理由、よく考えて欲しいものです。もちろん直接的な要因はメモのとおりでしょう。しかし、この子がそうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体罰否定派について PART4

 もう少し続けます。 体罰否定派のしょうもない意見その7  専門家を疑え。  昨今は専門家を軽視する風潮にありますが、私は基本的には専門家の意見は尊重する立場でした。しかし、この問題について専門家の意見は疑問符を付けるものが多いです。おっと、必ずしも専門家とはいえないのかもしれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体罰否定派について PART3

前の記事の続きです。今回は桜宮高校の体罰による自殺事件のことにも若干言及します。それから、先日投降した週刊文春についての記事においてPART4と書いてしまったのはこのPART3です。この文章自体は週刊文春の記事を読む前にほぼ書き終えていますので、あの記事の内容は考慮にいれられていません。 体罰否定派のしょうもない意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊文春2月7日号、桜宮高の記事を読んで

 体罰否定派について PART4を構想していたところですが、新聞の広告で見て気になったので、遅ればせながら読んで見ました。  詳しい内容は基本的には読んでもらうこととしたいと思いますので、記事の詳細はあえて書きません。  この記事、関係者への聞き込みに基づいて書かれています。真偽のほどを確定することは私には出来ません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体罰否定派について PART2

前の記事の続きです。 体罰否定派のしょうもない意見その5  体罰を容認する子どもは洗脳されている。  これ、一番大笑いできる意見であると同時に、一番腹立たしい意見でもあります。  まず笑えるという点。そもそも教育自体が洗脳と大差ないんですけどね。洗脳と教育の差など、ぶっちゃ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

体罰否定派について PART1

 体罰による学生の自殺事件にからんで、ネットのあちこちで体罰否定派の発言を見ていると、ほとほと呆れてきました。  まず最初に注意書きね。もちろん、すべての否定派が悪いわけではないし、私の見たところが偏った意見の人が多かったという可能性もあります。  それと私の立場。体罰容認派です。ただし、体罰の害は十分分かっているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たなる体罰の発生について

 体罰を受けた生徒が自殺した問題について、新たな体罰が発生したようです。大阪市長の橋下氏、いったい何をいいだすんだか・・・。  問題の学校の体育科の受験を中止しろとのこと。さらには、学校の教員の総入れ替えを求めているとか・・・。  今回のこと、確かに大きな問題です。しかし、橋下氏の思いつきの処分は、ほとんどやりすぎの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体罰について

 大阪市で体罰を受けた生徒が自殺をしました。この事例についての詳細は今後分かっていくのでしょうが、一般的に体罰についての見解を述べたいと思います。  率直に言えば、私は体罰容認派です。教育の現場で、そういう手法も必要だと思います。  体罰を語る上で忘れてはいけないことは、体罰を容認するのは必ずしも体罰をする側だけでは…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

靖国神社の放火犯が中国に引き渡されました

 靖国神社に放火した犯人が、韓国の高裁の判断を受け、中国に引き渡されました。  まぁ、私自身は靖国神社に特に思い入れはありません。首相の公式参拝などは、政教分離の原則から反対ですし、慰霊施設としての神社にも違和感を覚えます。戦没者への慰霊施設として無宗教の公的な施設が出来、靖国神社が普通の神社になったら、縁結びでも(笑)祈願に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「拝啓 有権者の皆さんへ」

 表題は、今日の読売新聞の一面の記事です。うちはずっと読売新聞なのですが、通常はあまり褒めません。私個人の意見とは違うことの方が多いです。特に橋本五郎氏の意見には批判的なことが多いですが、今回は違っていました。  選挙について考えるにあたって必要なことがとてもよくまとまっており、ぜひ国民全てに読んでほしいと思います。読売新聞を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more