テーマ:

日本SF展

 まずは昨日のことなのですが、PCの中で覚えのないファイルをみつけ、なんだっけかな~?と思ってダブルクリックすると、覚えのない小説でした(笑)。小説が自然発生するわけがないので、当然自分で書いたのですが、まるで覚えてない。内容からすると、某コンテストのテーマに沿った作品なので、それに出そうかと書いたもののようでした。あまり自分で書いたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイ完結

 神のみぞ知るセカイ最終巻26を読みました。いや~、よかったです。これからは、ちと思わせぶりなことを書きます。  それにしても、桂木桂馬の境遇には身につまされる。ここまで桂馬の境遇に共感できる私って、ある意味すごいのかもしれないけど、正直それどころじゃないな。世にはハーレム系ラノベなどというものがあるが、あれは主人公が「鈍感属…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冥王星の月の名前が決まったこと

 最近発見された冥王星の月の名前が、「ケルベロス」と「ステュクス」に決まったそうです。マニアな私は大喜びv^^。  なんでも、スタートレックファンがバルカンを押したそうだけど、極寒の星に火の神の名前をつけるのはさすがにどうかな~?。Mr.スポックの出身惑星だということは私も当然知ってるけど、そういうのは生物がいそうな惑星でも見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本弘氏のブログへの書き込みがトンデモなことになっていました

 以前ちょっと書いたのですが、震災後の石原前知事の天罰発言について、山本氏がブログでトンデモな解釈をしていたので思わず突っ込みを入れてしまっていました。最後の書き込みをしてから全然反応を見てなかったのですが、ふとしたきっかけで見てみたら面白いことになっていました。いや、久々に大笑いしましたね(笑)。  もうあのブログを見にいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サピオ8月29日号斜め読み

 新聞のサピオの広告を見て驚きました。なんと、サピオがネトウヨ批判の記事を載せてる~((((゜Д゜;))))。いや~、私から見れば、サピオもネトウヨも似たようなものなんですが。  本屋へ行って早速サピオをパラパラ。すぐにレジに走りました。いや~、「ある意味」とても面白かった。  大雑把に言ってサピオのネトウヨに対する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「科学的とはどういう意味か」(森博嗣著、幻冬舎新書)を読んで

 と学会本自体がしっかりとトンデモ本と化してきた現在、まともな非科学批判を読んでみたいと思い、期待を込めてこの本を買いました。ところが読んでびっくり、立派なトンデモ本でした(笑)。  森氏の本は「すべてがFになる」からそのシリーズを何本か読んで、そっちはそれなりに面白かったです。  まず私のことを書いておくと、私は自…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

世論調査はウソをつく(何を今更・・・・w)

 週刊ポスト3月4日号に「世論調査はウソをつく」なる記事がありました。読んでみると、思ったよりはまともだったのですが、それでも突っ込みどころ満載の笑える記事になっていました。  まず、最近行われたマスコミの世論調査を並べ立てて、小沢切りを国民の8割が求めているとマスコミが解釈し、それを根拠に菅総理が実際に小沢切りをしたらしいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RAILWAYS読了、そしてアガサ・クリスティー展のこと

 前にブログで取り上げたRAILWAYS、ようやく読了。時間がかかったのは、そもそも読み出すのに時間がかかったからで、読みにくかったわけではありません。念のため。  正直、読む前は心配があったのも事実です。小林弘利氏は主にコバルト文庫で活躍されており、どちらかというと若年層向きの小説を書いていました。今回は一応大人が主人公で(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に懐かしい名前を見つけました。

 今日は新聞の広告欄に懐かしい名前を見つけ、即ゲット。それは、小学館文庫刊RAILWAIS。微妙に記憶にあった映画のノベライズ。著者の名前がその懐かしい名前です。  作者は小林弘利氏。実は私、中学校の図書室で氏のデビュー作「星空のむこうの国(集英社コバルト文庫)」にはまって以来、氏の作品をほぼすべて集めています。いや~、良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうとうグインサーガを読みきってしまった。

 今日、(おっと昨日か)とうとうグインサーガ130巻を読んでしまいました。私の「妄想・グインサーガ完結編(ダイジェスト版)」も127巻終了の段階から若干修正しなければならないようです。  それにしても、複線がさらにいろいろ増えたところで終わってるな~。この複線を完結するのに、私の根拠のない勘ですが、あと30巻はいるな。栗本薫は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪いのは私じゃない症候群を読んで

 また香山リカ氏の本です。KKベストセラーズベスト新書から出ています。基本的に私と思考が似ているのか、この本は私がブログで書いてきたことと、かぶっている部分がかなりあります。  まずタイトルから。「悪いのは私じゃない症候群」というタイトルですが、当然これは正式な病名ではありません。ひょっとしたら精神科医があたかもそういう病気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more