テーマ:政治

憲法9条改正私案

 自民党が憲法9条の改正文案の論点整理をしたようですが、今日は個人的に改正私案を書いてみます。  前置きとして自民党案の評価から始めます。  まずは安倍総理が提案した3項追加案ですが、最悪ですね。こんな改正をするなら改正しない方がいい。以前から安倍総理の元での改憲は特に反対だったのですが、それは安倍総理がまともな改憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝手に選挙分析

 先週衆議院議員選挙が終わりましたが、勝手に総括したいと思います。  突然の解散、大義がないですね。どこぞに大義がなくて当然なんて批評をしている人がいましたが、さすがにそれはないだろう。解散総選挙でどれだけ税金が使われるかわかって言ってるのでしょうかね? また、首相の公務なんて、そもそもすべて大義が必要なんだと私は思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民進党の蓮舫代表が辞任しましたが・・・

 民進党の蓮舫代表が辞任しました。正直かなり同情します。  二重国籍問題では説明が二転三転したことは確かに問題ですが、その前に二重国籍自体どうでもいいじゃん。一部の雑誌とか論者だけこだわってたけど、ほとんど国民の関心はなかったように見えます。加計問題のことといい、最近はどうでもいいようなことに拘る奇妙な人間が多いのでしょうか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加計学園問題に関する読売新聞の記事について

 最近の読売新聞はいったいどうなってるのかね?  そもそも前川喜平前次官の出会い系バー通いを載せた時、「なんでこんなもん載せるんだ?」というのが正直な感想でした。どう考えても、これって週刊誌ネタでしょう。それをわざわざ載せるなんて、どう考えても安倍総理の援護射撃にしか見えません。そして今日、社会部長がコメントを出していました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇陛下退位について

 毎日新聞によると、天皇陛下が故渡辺昇一氏の退位に関する意見についてショックを受けたそうです。まったく同感ですね。氏の意見というのは「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」というもの。私はこの意見を以前読売新聞で読んでいたのですが、そのときかなり腹がたったのを覚えています。今回天皇の感想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未成年の有権者たちへ

 次の参議院議員選挙から選挙権が18歳まで引き下げられます。それにあたって私も一言未成年の有権者たちへ話しておきたいことがあります。  何よりもまず言いたいことは、とにかく投票には行けってことです。将来の日本のあり方を、老人の意見だけで左右されていいのでうか?  今いい見本があります。EUの離脱を問うイギリスの国民投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月15日付の「放送法順守を求める視聴者の会」の意見広告について

 今になって上の意見広告の存在を知りました。うちで購読している読売新聞にも載っていて、いつもひととおり目を通しているはずなのですが、見事に気づかなかった。こんな突っ込み甲斐のある意見広告を見逃すとは不覚(笑)。  概要としては、NEWS23の安保法案の放送の中で、メインキャスターの岸井成格氏が法案反対の論を展開したことに対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常に的外れな憲法論議

 先週国会の集団的自衛権の関係でいろいろ論議がありましたが、とても大切な議論が抜けていると思いますね。  まず基本的な確認から。参考人として招致された憲法学者が3人とも集団的自衛権を行使することは違憲であると述べました。これに対して最高におバカな批判は憲法学者は現実を分かっていないというたぐいの批判です。なんで憲法学者が現実の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪都構想が否決されたことについて

 橋下氏が住民投票の結果を受けてとった態度は、どちらかというと氏に批判的な私ですら評価せざるを得ない潔い態度でした。それに比して他の大阪都構想賛成派の態度の見苦しいことと言ったら…。  個人的には大阪都構想は否決されてよかったとは思います。ただ、可決されても私はあのような愚かしい態度はとらないだろうなと思います。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞をバッシングする奴はどいつもこいつもド阿呆である

 このたび、欧米の歴史学者などが安倍首相に声明を送付したとのこと。内容的には歴史学的には様々な説があることも踏まえた妥当な内容だと思います。まあ、今まであちこちから聞こえてきた海外の評価を裏付けるものであります。  朝日新聞が吉田清治氏の発言を取り消して、そのことについて朝日新聞側は、従軍慰安婦問題は女性の人権の問題であって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都知事に聞いてほしいこと

 連日東京都知事が徳州会から5千万円受け取った問題が騒がれていますが、個人的に猪瀬直樹氏に訊いてほしいことがあります。 「都知事は以前作家という肩書でしたが、作家としての猪瀬直樹から見て、現在の状況に陥った猪瀬直樹知事を見て、どのような質問をしますか? どのような評価を下しますか? どのような本を書きますか?」  作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな意味で呆れました。

 山本太郎参議院議員が園遊会において、天皇陛下に反原発の手紙を渡したことが話題になっていますね。  心の底から呆れました。  まず思ったのが、田中正造の直訴事件との比較ですね。地元に縁のある人ですから、当然思い出しました。しかし、田中正造と比較したりしたら申し訳ないです。あの時とは明らかに時代が違います。当時の状況で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の海江田代表を思いっきり擁護します(笑)

 民主党の海江田代表が「ネットを利用する人は先ず正しい日本語を書き、文章を書く作法を身につけるべきだ」とか、「かつて『テレビが政治を悪くした』と言われたことがあったが、今や『ネットが政治をさらに劣化させる』と断じなければならない状況だ」とかフェイスブックに書いて大炎上したとのこと。  なんで? その通りじゃん(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねじれって、そんなに悪いの?

 7月1日の読売新聞によると、参院選で「ねじれ解消を」という意見が52%だとか。でも、ねじれってそんなに悪いものでしょうか?  確かに今までのねじれ状態では、結果として政策決定のスピードが遅くなっていたとは思います。それについては異論はありません。また、このことは憲法改正の議論でも「参院が強すぎるので改正すべし」という根拠で使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の政治家の言葉について

 書きたいことはいろいろありましたが、いろいろありまして延び延びになってしまいました。ここでまとめて書けるといいな。  まずは靖国参拝への安倍首相の言葉に対して。結局安倍首相はこの問題の本質を分かっていないんじゃないかと思います。確かに、靖国参拝に対して外国に強制されるいわれはありません。しかし、むしろこれは純粋に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日が終わって

 憲法記念日が終わっていろいろな意見が出てたけど、相変わらず間抜けな意見が目立つな~(笑)。  憲法9条にからみ、相変わらず内閣法制局を悪者にしている人がいるけど、なんて恩知らずなんでしょう。そういう人って基本的には日本に軍を持たせたい人だと思いますが、そもそも内閣法制局がアクロバティックな憲法解釈をしてくれたからこそ、自衛隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず自分を振り返ってみればと思うこと

 最近の話で気になることがあります。  各地で一票の格差が大きかった先に衆議院議員選挙は無効との判決が出ています。ただ個人的には、一票の格差はそれほど重要なことだとは思いません。結局どんな区割りをしても格差は出るんだし、仮に一票の格差をまったく同じにできるとして、果たしてそれが本当に平等になるのかどうか・・・。  も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靖国神社の放火犯が中国に引き渡されました

 靖国神社に放火した犯人が、韓国の高裁の判断を受け、中国に引き渡されました。  まぁ、私自身は靖国神社に特に思い入れはありません。首相の公式参拝などは、政教分離の原則から反対ですし、慰霊施設としての神社にも違和感を覚えます。戦没者への慰霊施設として無宗教の公的な施設が出来、靖国神社が普通の神社になったら、縁結びでも(笑)祈願に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「拝啓 有権者の皆さんへ」

 表題は、今日の読売新聞の一面の記事です。うちはずっと読売新聞なのですが、通常はあまり褒めません。私個人の意見とは違うことの方が多いです。特に橋本五郎氏の意見には批判的なことが多いですが、今回は違っていました。  選挙について考えるにあたって必要なことがとてもよくまとまっており、ぜひ国民全てに読んでほしいと思います。読売新聞を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衆議院の解散について

 解散しないかな~と思っていたけど、解散してしまいましたね。  それにしても、民主党は困ったもんです。離党する人が続出していますね。選挙もせずに与党が過半数割れしちゃうなんて、みょ~な話です。世論調査では支持率が下がっているとはいえ、離党した人もまがりなりにも民主党として当選したんだから、最後まで党員としての責任もまっとうすべ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

領土問題について

 いろいろ大変なことになりましたね。正直な感想を言うと「しょうもないな~」です。  尖閣諸島の国有化など、最初からしなければよかったのに。もちろん、私も尖閣は日本の領土だとは思っています。しかし、国有化したところでそれが確定するわけでもないし、現実問題としてなんの進展にもならないでしょう。それでいて中国の反発をかって、むしろ中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫ひろし騒動、もうひとつの観点から

 さて、猫氏の国籍変更に噛み付いた中には右がかった人たちも多かったように思います。曽野綾子氏は週刊ポスト(だったかな? すみません。忘れちゃいました。)の連載で猫氏を非難した上で、国籍を帰ることはその国の国旗に敬意を払うことだなどと書いています。  ちっちゃ~。  国籍を変えるって、それだけのこと? だったら別に変え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思わず笑ってしまった大阪府知事のコメント

 2月25日付けの上毛新聞の記事(共同通信系の新聞なら読めるかも)を読んで吹き出してしまいました(笑)。卒業式の国歌斉唱で8人不起立の教員がいたことへの大阪府知事のコメントですが、次のとおりです。 「府教育委員会の職務命令を堂々と無視する確信犯だ」  いや、一瞬、不起立教員を褒めているのかと思ってしまいました。そもそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

 停職・減給を違法とした君が代訴訟について

 最高裁判所で、君が代斉唱の際不起立だった職員の停職・減給が取り消されました。妥当な判決だと思います。日本全体が劣化しているとしか思えない状況の中で、今回のような判決を最高裁判所が示してくれたことは大変ありがたいことです。最後の日本の良心と言ってもいいと思います。  それにしても、つくづくこの問題で教員バッシングをする人間には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W選挙の争点について

 最近あちこちで気になる文章を見かけます。大阪W選の結果の選挙分析なのですが、私は疑問に思います。要約すると、平松陣営の敗因は、橋下氏が大阪都構想という政策を提示したが、平松氏は政策以外の反独裁キャンペーンに終始したからだというもの。  しかし、果たしてそうなのでしょうか? 政治手法も選挙の争点としては重要なものです。特に反独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪W選挙の結果について

 取り急ぎ感想を。言うまでもないことですが、あくまでも私個人の感想です。念のため。  予想通り、大阪府民と市民は、くだらない選択をしましたね。まぁ、とりあえず他人事だからいいけどね(笑)。  改革とか公務員バッシングの言葉に踊らされ、中身のない政治家を選んだというのが、正直な感想です。今までもろくな政治家を選ばなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪W選途中経過について

 各種世論調査で、いろいろばらつきはありますが、概ね市長選は橋下氏リード、知事選はほぼ拮抗とのことのようです。どこだったかな~。より細かい調査では、政策を重視するという結果もあるようです。しかし、それでいて大阪都構想や教育基本条例の支持率が高いのはどういうこと?(笑)  先の文章で書いたように、様々な問題を抱えています。付け加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪都幻想

 自分の住んでいる地域では、近隣の市町で合併して政令指定都市にしようという動きがあります。政令指定都市になれば、財政規模も大きくなり、広域的な街づくりができ、ブランド力も上がる、そんな発想でしょうか。しかし、先日政令指定都市の大阪市では、生活保護受給者の数が日本一だなどと言うニュースがありました。そして結局、大阪都構想も似たようなものな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の橋下氏報道及びその反応について

 最近いろいろと橋下氏の報道がなされていますね。さすがに私も、生まれや育ちがどうのこうのを出すのはどうかと思いますが、正直政策に対する批判報道は、もっとされるべきだったと思います。選挙の直前ではなくもっと前からね。なにしろ突っ込みどころ満載ですから。  それに対する橋下氏の対応も支離滅裂です。自分が批判されるのは構わないが子ど…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

橋下府政のことをいくつか

 とうとう橋下知事が、大阪府の本庁舎の咲洲庁舎への全面移転を断念したとのこと。ばかばかしい話です。理由は耐震性の問題との事。正直、何を今更と言いたいですね。私の記憶では、災害時の問題は移転の話があったときから指摘されていたはず。その時にきちんとそうした意見に耳を傾けて、検討をしていれば、無駄な費用はかからなかったはず。職員などの無駄を指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more