天皇陛下退位について

 毎日新聞によると、天皇陛下が故渡辺昇一氏の退位に関する意見についてショックを受けたそうです。まったく同感ですね。氏の意見というのは「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」というもの。私はこの意見を以前読売新聞で読んでいたのですが、そのときかなり腹がたったのを覚えています。今回天皇の感想を聞いてやっぱりと思います。
 本気でこういった連中こそが非国民なんじゃないかと思いますね。
 そもそもこういった公務が行われた背景を考えてみましょう。
 やはり大きな転機は敗戦だったと思います。昭和天皇は旧憲法で国家元首とされていて、なにはともあれ大きな犠牲を国民に強いたことに責任を感じていました。実際、そのために退位を考えていたとのこと。そういう気持ちを経た昭和天皇にとって、現行憲法の象徴天皇制は、ある意味理想の天皇制のありかただったのではないかと思います。そうした昭和天皇の気持ちをうけて今上天皇も、公務で国民と触れ合って、自分たちの力で、戦後の天皇制の在り方を確立してきたことと思います。それを祈っていればいいなど、正直最低な言い草ですね。
 先の大戦を侵略戦争でなかったなどという妄想に浸っているような人間には、まともな理解力すらないようです。祈っていればいいなんて、江戸時代までの武家支配の時代に戻そうとでもいうのですかね。現実問題として、今どきなにを祈れっての? 五穀豊穣? 北朝鮮のミサイルに対して神風を吹かせろでも?
 結局のところ、天皇なんて、貴族の藤原氏の台頭あたりから、利用されるだけの存在であったのが現実でしょう。それは先の大戦でも同じ。結局天皇は軍部に利用されただけ。一部の保守派にとっては、今でも天皇を利用するためだけの存在だということでしょう。そのためには、天皇にはおとなしく祈っててもらう方が都合がいいわけだ。どっちが不敬なんだか。
 少なくとも、陛下にはこんな国民ばかりじゃないことは、知らせてあげたいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック