非常に的外れな憲法論議

 先週国会の集団的自衛権の関係でいろいろ論議がありましたが、とても大切な議論が抜けていると思いますね。  まず基本的な確認から。参考人として招致された憲法学者が3人とも集団的自衛権を行使することは違憲であると述べました。これに対して最高におバカな批判は憲法学者は現実を分かっていないというたぐいの批判です。なんで憲法学者が現実の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今期の面白いドラマ2選

 普段あまりドラマは見なかったのですが、今期はついついドラマを見てしまいました。特に気に入ったのが二つです。「戦う!書店ガール」と「ヤメゴク」です。どちらもネットでは視聴率が悪いと言われていますが、どうしてどうして。  あ、予め断っておきますが、私はAKB48には全く興味ありません。両方主役がAKB関係者ですが、私にとってはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪都構想が否決されたことについて

 橋下氏が住民投票の結果を受けてとった態度は、どちらかというと氏に批判的な私ですら評価せざるを得ない潔い態度でした。それに比して他の大阪都構想賛成派の態度の見苦しいことと言ったら…。  個人的には大阪都構想は否決されてよかったとは思います。ただ、可決されても私はあのような愚かしい態度はとらないだろうなと思います。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞をバッシングする奴はどいつもこいつもド阿呆である

 このたび、欧米の歴史学者などが安倍首相に声明を送付したとのこと。内容的には歴史学的には様々な説があることも踏まえた妥当な内容だと思います。まあ、今まであちこちから聞こえてきた海外の評価を裏付けるものであります。  朝日新聞が吉田清治氏の発言を取り消して、そのことについて朝日新聞側は、従軍慰安婦問題は女性の人権の問題であって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラム国人質事件いろいろ

 最近、いろいろ忙しくてなかなかブログの更新もできません。すでに時期を逸しているかもしれませんが、イスラム国の人質事件について書いておきたいと思います。  未だに自己責任論を振りかざす人がいるんですねー。いい加減、それがバカなことだと気づいて欲しいものです。イラクの人質事件の時に書いた記事と似たような内容になるかと思いますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞バッシングする奴はどいつもこいつも阿呆である。

 タイトルの傾向を変えました。ほんと、朝日新聞を擁護するというより、バッシングしている側のアホさ加減にうんざりしてきました。  また例のごとくお断りをしておきますと、今回も朝日新聞自体は読んでおりません。読売新聞のフィルターを通して朝日新聞社の第3者機関の見解を評価してみます。  まずはどうしても突っ込んでおきたいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度はちょっと本気で朝日新聞を擁護します。

 正直なところだんだん腹が立ってきたな。どうして基本的なことも理解できていない人間が、上から目線で他人をバッシングしてるのかなと。  朝日新聞についてですが、まず、池上氏のコラム掲載を拒否したことは愚かな選択だったと思います。ただ、そのことについては一部で言われているように、言論の封殺などではまったくありません。池上氏がどんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盲導犬は虐待なのか?

 盲導犬が刺された事件で、刺された犬が吠えなかった事実をもとに、一部のマスコミが盲導犬は鳴かないように訓練されていると報道したことから、盲導犬は動物虐待だという意見が上がってるとか。  私は昔から盲導犬は動物虐待だと思ってきました。しかし、今「盲導犬は動物虐待」などと言っている人は、それがどういうとだかまるで分っていないのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あえて朝日新聞を擁護します(笑)。

 世間では朝日新聞バッシングが吹き荒れていますが、そんなに朝日新聞は悪かったんですかね?  こう書くとすぐに「朝日新聞に洗脳されている」とか安易なラベリングに走るおバカさんがいると思いますので、毎度のことながら予め断っておきますが、私は朝日新聞などまったく読んだことがありません。我が家で恒常的にとっているのは読売新聞ですし、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本SF展

 まずは昨日のことなのですが、PCの中で覚えのないファイルをみつけ、なんだっけかな~?と思ってダブルクリックすると、覚えのない小説でした(笑)。小説が自然発生するわけがないので、当然自分で書いたのですが、まるで覚えてない。内容からすると、某コンテストのテーマに沿った作品なので、それに出そうかと書いたもののようでした。あまり自分で書いたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保市の殺人事件について

 またもこういう事件が起きてしまいました。私が今痛烈に思っているのは、ひょっとしたら女の子を助けるすべはあったんじゃないかということです。誤解を恐れずに言わせていただきますが、この場合の女の子は、あくまでも「加害者」の女の子です。  一応、私は教育学部なぞ出てきて、専攻は一応心理学なんぞやって、卒論のテーマは思いやりとかだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイ完結

 神のみぞ知るセカイ最終巻26を読みました。いや~、よかったです。これからは、ちと思わせぶりなことを書きます。  それにしても、桂木桂馬の境遇には身につまされる。ここまで桂馬の境遇に共感できる私って、ある意味すごいのかもしれないけど、正直それどころじゃないな。世にはハーレム系ラノベなどというものがあるが、あれは主人公が「鈍感属…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東眞砂子、子猫殺し再び

 何年か前、作家の坂東眞砂子さんの子猫殺しが物議を醸しました。簡単に経緯を書くと、坂東眞砂子さんが日経新聞のコラムの中で、自分は猫を飼っているが、子猫が生まれると、飼いきれない子猫を裏の崖に投げて殺していると告白しました。このコラムに多くの人々が反発をしました。  実は私もこのブログでこのネタを取り上げました。個人的には、猫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨今、クレーム事件が続いていますが・・・

 最近いろいろクレーム事件が続いています。日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」に慈恵病院と全国児童養護施設協議会病院がクレームを付けたとか、ANAの俳優が金髪と付け鼻をしたのが人種差別だとか、お酒のCMにカエルのキャラクターを出したら、子供が酒に興味をもつからやめろとか。村上春樹の小説に中頓別町がクレームをつけたとか。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・巨弾歴史スクープだって?

 雑誌「WILL」の「昭和天皇7つの謎」の続きを読みました。いやぁ、筆者である加藤康男氏の旧日本陸軍びいきはエスカレートしてますね。どうあっても天皇を共犯にしたいんじゃないかとすら思えます。  ところで、ひとつ告白しなければなりません。私、昭和天皇の引用した和歌、誤読してました。  今回改めて「昭和天皇(古川隆久著)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都知事に聞いてほしいこと

 連日東京都知事が徳州会から5千万円受け取った問題が騒がれていますが、個人的に猪瀬直樹氏に訊いてほしいことがあります。 「都知事は以前作家という肩書でしたが、作家としての猪瀬直樹から見て、現在の状況に陥った猪瀬直樹知事を見て、どのような質問をしますか? どのような評価を下しますか? どのような本を書きますか?」  作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨弾歴史スクープだって?

 「巨弾歴史スクープ」新聞の広告で目につきました。雑誌「WILL」の見出しです。興味を魅かれて読んでみました。  タイトルは「昭和天皇7つの謎」、今回は連載の第1回ということのようです。著者は加藤康男氏とのこと。大雑把に要約すると、次のようになります。 1、昭和天皇は開戦前の御前会議で明治天皇の読んだ短歌を披露し、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな意味で呆れました。

 山本太郎参議院議員が園遊会において、天皇陛下に反原発の手紙を渡したことが話題になっていますね。  心の底から呆れました。  まず思ったのが、田中正造の直訴事件との比較ですね。地元に縁のある人ですから、当然思い出しました。しかし、田中正造と比較したりしたら申し訳ないです。あの時とは明らかに時代が違います。当時の状況で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南京事件について

 10月5日付の読売新聞の連載記事「昭和時代」を見て安心しました。「検証・戦争責任」以来、この手の読売新聞の歴史記事に一目置いていたのですが、南京事件について、「南京事件はなかった」などというトンデモ説などを併記されたら失望するところでした。まぁ、安心すると同時に、下手するとこの記事に文句をつけるやつもいるんだろうな~と思うとうんざりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more